Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 21日

1971FLH1200 油圧ドラムブレーキ

今日はハーレー・ショベルビックツインの油圧ドラムブレーキのお話。
1958年~1972年まで使われていた油圧ドラム。なかなか凝った作りになっています。

a0248662_1533532.jpg
a0248662_1534634.jpg

年式によりバッキングプレートの形状やブレーキシューの厚みドラムの形状などそれぞれ違います。
今回のものは67年~72年まで使われていたものです。

a0248662_1541977.jpg

ホイールシリンダー。
油圧でピストンを押しブレーキシューを開きます。当然、シリンダーとピストンのガタやラバーカップの劣化があると油圧が逃げてしまいます。ブレーキドラム内にホイールシリンダーがある訳ですから、ブレーキフルードが漏れていたら最低です。

a0248662_155933.jpg
a0248662_1552797.jpg

ブレーキシューはフローティング式。
ドラム内でシューが上下に動き全面でドラムに当るようになっています。

a0248662_1562172.jpg

a0248662_1554957.jpg

ブレーキシューの調整は、エキセントリックになっている調整カム(ストッパーで)します。
左右それぞれの調整カムを回し、タイヤが抵抗無く回るところにするわけです。

とまぁ、メカニカルドラムブレーキに比べ随分と豪勢な作りになっています。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-11-21 02:53 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< LOC参戦!・・・なるか?      1968XLH900 クラッチ >>