2012年 11月 03日

JAP 500 SPEEDWAY ロッカー2

今日はなんやかんやと調整が多い JAP SPEEDWAYのロッカーのお話。

a0248662_2156100.jpg
a0248662_23231.jpg
a0248662_232542.jpg

a0248662_235190.jpg

やられていたねじ山をヘリサート修正し、ロッカーアームの位置決めをしていきます。
ちなみにネジサイズは1/4”-26山

a0248662_242385.jpg

バルブの頭とロッカーアームが中心で当るところにロッカーアームを動かします。
バルブ方向のロッカーアームのスラストはニードルベアリングレースの位置で調整します。
(プッシュロッド側のベアリングレースがプッシュロッド側のロッカーアームに当りそれ以上バルブ側にスラスト移動しない位置をだし、その位置でupperロッカーカバーをつけるとベアリングレースは動かなくなります。)
そうすると2つのベアリングレース、からーの間に隙間が開きます。そこに合うシムを入れて調整。
IN・EX共に0.5mmのシムが必要ですね。

a0248662_25203.jpg

プッシュロッド側のスラストは前にも述べた通り、タッペトカバーの内側にある凸で調整。

a0248662_255189.jpg

ロッカーアームの位置(ベアリングローラーの位置)を決めたところで仮組みをし、スラストを計測。
IN・EX共に0.1mmのスラストってとこでしょうか。
そして・・・

a0248662_261740.jpg
a0248662_27090.jpg
a0248662_27222.jpg

バルブスプリングカバーupper.lower、ロッカーカバーlowerがバルブスプリングカラーに当ってしまいそうです。随分ギリギリのクリアランスで組まれています。
高回転で回るレーシングエンジン、バルブも暴れると思うのでこの辺は削っておきます。



夜の訪問者

a0248662_274683.jpg

卒業生3人が奈良家に遊びに来ました。
招かざる客も・・・とまぁなんやかんや言いながら楽しい夜でした。
次回は泊まりでどうぞ。

by sgf1906 | 2012-11-03 02:39 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(1)
Commented by H・Dクラス壱期生 at 2012-11-04 00:53 x
おっ、「オーバートルク・Mさん」ブログ初登場ですね!


<< 授業風景      1968XLH900 ドラムブ... >>