2012年 10月 30日

1968XLH900 フロントリム組み

今日はハーレー・アイアンスポーツのリム組み。
64年~72年まで使われていたフロントドラムハブのものです。

a0248662_263432.jpg
a0248662_264529.jpg

スポークは2種類。スポークヘッドが長いものと短いものが20本ずつで計40本。

a0248662_29916.jpg

両方内がけで組み、スポークヘッドが短い方(S)がハブ外側、長い方(L)が内側になり交差します。

a0248662_27526.jpg

このタイプのリムはちょっと変わっています。
例えば、車体左側のSスポークがリム穴①だとすると、車体左Lスポークはリム穴②の位置。
車体右のSスポークが③のリム穴、車体右のLのスポークが④のリム穴となります。
それぞれのスポークが3穴飛ばしで2クロスになる様に組めば良いわけです。
(活字にすると解りづらいですね。上の図を参考にして下さい。)

a0248662_273360.jpg
a0248662_281137.jpg
a0248662_283261.jpg

スポークが組めたら、オフセットを出し、触れとりをします。
ちなみにこのホイールは、ハブにスポークを全部挿した状態じゃないと組めないので、リムが傷つかないようにマスキングしておいた方が良いです。

a0248662_293482.jpg

リムの振れ量は中古リムなので多目に見て2mm以内、頑張って1mm以内ってところですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-30 02:46 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1968XLH900 ドラムブ...      1979FLH1340 トラン... >>