2012年 10月 25日

JAP 500 SPEEDWAY ロッカーアームスラスト

ロッカーアームベアリングのレース製作し、バルブも組んだところでロッカーボックスを仮組みしてみます。

a0248662_2284432.jpg
a0248662_2291582.jpg

ロッカーボックスUPPERとLOWERでロッカーアームのベアリングレース外周を挟み、ロッカーアームを固定する仕組み。

a0248662_2312358.jpg

しかしながらこの状態ではロッカーアーム自体を固定するものが無く、随分とスラストしてしまいます。
(バルブステムエンドとロッカーアームの当り面がずれてしまいます。)

a0248662_2322072.jpg

a0248662_233055.jpg

a0248662_2323455.jpg

このスラストはどうも、タペットカバー裏面にある凸で調整するようです。
よく見てみると、アルミを盛った後が・・・。
資料を見るとローカーアームのスラスト量は0.05mmとなかなかシビアな事を言っています。
確かにバルブステムエンドとロッカーアームの当り面の位置決めでもあるのでこのぐらいか。

また、タペットカバーにアルミを盛って、削ってスラストを調整するのはイヤですな。
何か良い方法ないかしら・・・。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-25 03:01 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)


<< 1962 NORTON 650...      箱の中身はなんでしょね。 >>