2012年 10月 23日

1968XLCH900 Rブレーキクロスシャフトブッシュ

今日はアイアンスポーツのリアブレーキ、クロスシャフトブッシュのお話。
74年までのアイアンスポーツのフットブレーキは車体左側にあります。右チェンジ、左ブレーキです。
リアドラムは車体右側にあるので、ブレーキクロスシャフトがフレームのクロスシャフトチューブを通り、車体左のフットブレーキペダルと車体右のブレーキロッドを連結しています。

a0248662_321717.jpg

ガタガタだった、ブレーキクロスシャフトブッシュを、タップを使って抜きます。

a0248662_323746.jpg

新しいブッシュを圧入。

a0248662_33730.jpg

しかしながら、芯が出ておらずシャフトが通らない。
フレームのクロスシャフトチューブはプライマリーカバーを逃がす為、左側に伸びています。
その為、転倒したりすると曲がってしまいます。

a0248662_331950.jpg

クロスシャフトチューブを曲げ直す。

a0248662_333261.jpg

クロスシャフトが入る状態で少々摺り合わせをし完成。
二つの軸受けブッシュの距離が長い分、少々曲がっただけでも渋くなり面倒ですね。
この車両に以前何があったのか?なんだか監察医の気分です。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-23 03:40 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 箱の中身はなんでしょね。      授業風景 >>