2012年 10月 18日

JAP 500 SPEEDWAY バルブ&バルブスプリング

今日は久しぶりにJAPエンジン、ヘッド周りのお話。

a0248662_2152215.jpg

滅多にやる事は無いであろうJAPのバルブサイズなどを測り、バルブスプリング取り付け長をチェック。

a0248662_2154971.jpg

インナースプリングだけを付けバルブを仮組みし計測。
インテーク39.2mm エキゾースト41.1mm

a0248662_2161314.jpg

バルブスプリングカップの下にはスプリング取り付け長、スプリング圧を調整する為のシムが入ってます。

a0248662_2162422.jpg

JAPにはマイカワッシャーなるものが入っています。
マイカとは日本名、雲母といい薄くはがすことができる鉱物(石)との事です。
耐熱性に優れていて薄く出来るのでバルブスプリングのシムとして使われていたのでしょう。
高電圧機器、電子機器の絶縁、高耐熱材料として使われてるようです。
こんな材料にお目に掛かれるのも旧車イジリの面白いとこです。

a0248662_2163725.jpg

マイカワッシャーを計測。
シムを入れた状態でバルブスプリング取り付け長  IN 39mm EX 40mm

a0248662_2165069.jpg

スプリング取り付け長でスプリングを圧縮しスプリング圧を計測。
アウター・インナー両方付けた状態で44Kg

資料ではバルブ閉時 100Ib (45kg)
バルブ開時 147Ib(66kd) となっているので合格点。


a0248662_2171599.jpg

バルブシート当り幅もチェック。

資料では1/16”(1.58mm)
実測はインテーク約1.2mm エキゾースト約1.6mm

レーシングエンジンの割には普通の数値ですね。
熱を溜めやすい鉄ヘッドだからでしょうか?他の鉄ヘッドエンジンレーサーと比較してみたいですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-18 03:18 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(2)
Commented by アラジンストーブ愛好家 at 2012-10-18 22:35 x
マイカといえばアラジンストーブの点検窓のものがそうですね。スプリング長で使用されているなんて凄い話ですね☆
Commented by sgf1906 at 2012-10-20 02:04
私もアラジンストーブを使っているのですが知りませんでした・・・。


<< Rサスペンション      1968XLCH900 ロッカ... >>