2012年 10月 16日

1968XLH900 フロントホイールハブ

64年~72年まで使われている、フロントホイールのドラムハブはアルミ製のため、軸受け部分にガタがでている事が多いです。

a0248662_226581.jpg

a0248662_2265445.jpg

軸受けベアリングはボールベアリング。

a0248662_227739.jpg

この車両も随分とガタが多かったので測ってみると、0.17mmもガタが・・・
スポーク、リムが付くと酷い振れになります。

a0248662_2272366.jpg

a0248662_2273133.jpg

アールテックエンジニアリングさんで、ボーリング&スリーブ加工して貰いました。
加工したか判らないぐらいの美しい出来です。

この後はスポーク組みです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-16 02:50 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1968XLCH900 ロッカ...      恒例秋刀魚大会 >>