Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 04日

1968XLH900 オイルポンプ3

今日も前回に引き続き、アイアンスポーツのオイルポンプのお話。
どんどんオイルポンプギアを組んでいきます。

a0248662_24367.jpg

オイルポンプカバー(インナー)とブリーザーギアをケースに組みます。

a0248662_2434958.jpg
a0248662_2443938.jpg
a0248662_2445058.jpg

まずはフィードギアから。
シャフトにギア固定のためのピンを入れギアを組みます。
アイドラーギアはボディー側に入れて組むと良いです。

a0248662_245847.jpg

a0248662_2454746.jpg

a0248662_2453414.jpg

リターンギアを組んできます。
シャフトにキーを入れギアを組みます。
2つに分かれたリテーナーでギアを保持します。


a0248662_2461611.jpg

アウターカバーをトルク10N.mで締め付けます。

a0248662_2463174.jpg

ブリーザーギアを手で回しチェック。
渋くなく、なおかつ軽すぎない状態が良いでしょう。

a0248662_2465517.jpg

最後に、実際にオイルを入れ作動チェック。
問題なければO.Kです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-10-04 03:19 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 授業風景      1968XLH900 オイルポンプ2 >>