Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 26日

1971FLH1200 フロントフォーク

今日はハーレー・ショベルFLHのフロントフォークのお話。

a0248662_314964.jpg

77年アーリー以前のフロントフォーク。インナーチューブは錆が酷かったので新品に交換。
フォークのガタは新品インナーチューブとの組み合わせで良好で、一安心。

a0248662_321951.jpg

まずアウターチューブにシール、フェルトシールを組みます。

a0248662_323824.jpg

77年以前のもののダンパーチューブ。(77年以降はSHOWAのもの)
フォークか縮むとupperバルブとlowerバルブの隙間が開きオイルが流れ、フォークが伸びるとupperバルブとlowerバルブの隙間が縮まり油圧がかかる仕組み。
凄く凝っているダンパーチューブですが、錆が出てくると動きが渋くなります。
SHOWAのダンパーチューブがナイロンブッシュを使っているのが頷けます。
まぁSHOWAのダンパーチューブはあれだけシンプルな形で利く訳ですから優れてますね。

a0248662_344036.jpg
a0248662_345117.jpg

インナーチューブのボトムにダンパーチューブを入れCクリップで止めます。

a0248662_353182.jpg

ダンパーチューブエンドは空回りしないようになってます。

a0248662_35542.jpg
a0248662_36482.jpg

今回使うプログレッシブ製フォークスプリング。
3/4”~1”プリロードがかかるようにカラーを切って調整します。

a0248662_362152.jpg

しかしながら、付属のカラーでは内径が小さくフォークプラグのバッフル部分が入りません。
取説にはバッフル部分を外せと書いてありますが、忍びない。
スチールパイプでカラーを製作。

a0248662_364814.jpg

という訳で、フロントフォーク完成。

a0248662_374472.jpg






トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-09-26 04:07 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      1968XLCH900 スプロ... >>