2012年 09月 25日

1968XLCH900 スプロケットシャフトベアリング

今日はハーレー・アイアンスポーツのクランクシャフト・スプロケットシャフトベアリングのお話。

a0248662_134825.jpg

76年までのアイアンスポーツのドライブ側クランクシャフトの軸受けはレース一体式のテーパーベアリングが付きます。TIMKEN bearing製。

a0248662_143828.jpg

a0248662_145041.jpg

クランクケースにレースを圧入し、サークリップをつけます。このサークリップがベアリングレースの位置決めになってます。

a0248662_154956.jpg

クランクシャフトにベアリング(内側)を圧入。
この後、シムを入れクランクケースを置き外側のテーパーベアリングを圧入します。

a0248662_152127.jpg

77年以降のアイアンスポーツやビックツインのレースが別々のテーパーベアリングのもの違いレースが一体式のため、テーパーベアリング・クリアランス調整の為のシムの厚みは一種類。
ちなみに実測値は5.36mm。

a0248662_162100.jpg

ケース・外側のテーパーベアリングを組み、ベアリングに圧をかけた状態でエンドプレイを計測。
マニュアル上では0.001”~0.007”(0.025mm~0.17mm)
トリニティーでは前にも述べた通りクリアランス少な目(ガタ無くスムーズにクランクが回るところ)
測定値 エンドプレイ0.02mm  



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-09-25 02:01 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 1971FLH1200 フロン...      1968XLH900 タペット... >>