Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 06日

1968XLCH900 バルブスプリングセット長

バルブシートカット&擦り合わせが終わったアイアンスポーツ。
バルブスプリングのセット長を合わせます。

a0248662_414191.jpg
a0248662_421046.jpg

インナースプリングを仮組みし、それぞれのアウタースプリング取り付け長を測ります。
F.in 32.9mm ex 32.5mm R in 32.2mm ex 32.1mm
フロント側が少々長い。
マニュアル上の数値は32.5mm

a0248662_432453.jpg

a0248662_433626.jpg

複数あるバルブスプリングをそれぞれ、取り付け長に圧縮しスプリング圧を測定。
24kgのものを4本チョイス。

a0248662_435413.jpg

Lowrスプリングカラーとガイドの間にシムを入れ、スプリングセット長を合わせます。(スプリング長を縮ませる)
シムは0.38mm、0.74mm、1.52mmの厚みのものがあります。
長かったフロント側IN.EXにシムを入れセット長を32.1mm~32.2mmにしました。

a0248662_44261.jpg

ものによっては、シムとカラーのサイズが合わず(シム径が大きい)カラーを持ち上げてしまい、シムの厚みよりスプリングセット長が縮んでしまう場合があります。
シムの外径を削りカラーにピッタリはまるようにします。

a0248662_451074.jpg

ちなみに、インナースプリングとアウタースプリングは交差するように巻かれており、摺れある合うことでダンパーの役割を果たし、サージングを抑えています。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-09-06 04:47 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< 1968XLH900 フロント...      1968XLH900 バルブシ... >>