2012年 08月 29日

1968XLCH900 バルブガイド

今日はアイアンスポーツのバルブガイドのお話。

a0248662_233347.jpg

シリンダーヘッド側のバルブガイド穴の内径は測定し問題が無かったのでSTDサイズのバルブガイドを組みます。
今回使うのはKibblewhiteの鉄ガイドと同じくKibblewhiteのBlack Diamondのバルブ。
この組み合わせは、ガイド圧入前から、ガイドにバルブステムが通りません。
先に旋盤にガイドを咥えリーマーを通しておき、バルブステムが少々渋いぐらいでガイドに通る様にしておきます。

a0248662_2334553.jpg

専用工具を使い、ガイドを圧入。
鉄ヘッド、鉄ガイドの組み合わせで嵌め代0.015mmで圧入しました。

a0248662_2335976.jpg

圧入後リーミング&ラッピング。
バルブとバルブガイドのクリアランスが IN側0.03mm、EX側0.06mmになるまで内径拡大。

この後はバルブシートカット&擦り合わせです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-08-29 02:56 | 1968XLCH900 | Comments(0)


<< JAP 500 SPEEDWA...      1968XLH900 カムブッシュ >>