2012年 08月 26日

1980FXS トランスミッション

今日はショベル・ビッグツイン、トランスミッションのお話。

a0248662_2553372.jpg

メインシャフトはメインドライブギアのブッシュとシールの当る部分がやられている事が多いです。
コイツはアンドリュースの新品に交換。

a0248662_2555328.jpg

メインシャフトに1st&2ndギア、メインボールベアリング、ベアリングハウジングを組んでおきます。

a0248662_256775.jpg

メインドライブギアを組み、ギアケース内に3edギア、2nd3edワッシャー、リテーニングリング、ドッグギアを入れておき、メインシャフトを差込組んでいきます。ドッグギアのHIGHの印をメインドライブギア側に向けます。

a0248662_2562382.jpg

ボールベアリングハウジングをケースに圧入。2nd3edリテーニングリングをメインシャフトの溝に入れ、ギアを固定。

a0248662_2563787.jpg

カウンターシャフトギアアッセンブリーをギアケースに入れ、シャフトを差込み、カウンターシャフトギアのエンドプレイを測定。
lowギアとギアエンドワッシャーの隙間をシックネスゲージで測ります。

a0248662_2564894.jpg

0.18mm~0.3mmになるように、ギアエンドワッシャーの厚みを変え調整します。

a0248662_257437.jpg

a0248662_2571776.jpg

ベアリングハウジングリテーニングプレートをつけ、スターターギア、スタータークラッチを組みます。
ヤラレテイルとギア抜けの原因にもなる、スターターギアブッシュは無事。
80年以降のものはベアリングハウジングリテーニングプレートでカウンターシャフトを固定する様になっています。



今日のスイーツ

a0248662_3372832.jpg

ベロセットSさんからのお土産、静岡・丹那牛乳ロールケーキ。
牛乳濃厚クッリーム!!





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-08-26 03:41 | 1980FXS1340 | Comments(1)
Commented by X1号 at 2012-08-26 09:51 x
いつも大変興味深く拝見しております。
ちょっと前に1989年式XLH1200のミッションOHをしました。
純正部品が高くて困りましたがアンドリュース製があって助かりました。
HD純正部品よりも高品質で低価格、アンドリュースは本当に素晴らしいメーカーだと思います。


<< 1968XLH900 カムブッシュ      1980FXS T/M ドレンボルト >>