Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 22日

1980FXS1340 ピストン&シリンダー

今日はハーレー・ショベルビッグツインのピストン&シリンダーの取り付けです。

a0248662_1363487.jpg

a0248662_1365360.jpg

アールテックエンジニアリングから上がってきたシリンダー。
組む前にピストンリングギャップ、クリアランスを測っておきます。
ピストンリングギャップ 0.25mm~0.5mm
ピストンリングサイドクリアランス 0.1mm~0.13mm
ピストンはローコンプ、圧縮比7:1のものにしました。

a0248662_137651.jpg
a0248662_1371918.jpg

ピストンリングはHastingsのもの。
リングの上下の印(形)はものによって違うのでお気を付けを。

a0248662_138596.jpg

ピストンセットにはC型のサークリップ(写真左)が付いていたのですが、ピストンに嵌めてみると止まりが悪くサークリップが動いてしまいます。これではサークリップが取れてしまう恐れがあります。
在庫していたスパイラルタイプのピストンピンクリップを使いました。
このスパイラルタイプのものは取り付けに専用工具が必要です。
粗悪な製品、見えない罠が隠れています。取り付け前、取り付け後のチェックが必要ですね。

a0248662_1382117.jpg

1340ccのシリンダーを組み付ける際はFシリンダーのタイミング側、前方のシリンダーヘッドボルト、Rシリンダー、タイミング側、後方のシリンダーヘッドボルトをあらかじめシリンダーに付けておかないと、後からボルトが通らなくなります。


1977XLH1200



卒業生のN口さん、軽整備をしに久しぶりに登場。
もう卒業してから1年以上経つのですねぇ。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-08-22 02:33 | 1980FXS1340 | Comments(0)


<< 1980FXS T/M ドレンボルト      1968XLH900 トランス... >>