Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 19日

1968XLH900 トランスミッション2

今日はアイアンスポーツ・トランスミッションのギア位置のお話。
アイアンスポーツはメインシャフトの2ndギア、カウンターシャフト3rdギアが動きドッグギアが噛み合うことでギアチェンジします。
そのドッグギアの位置がちゃんと出ていないとギアチェンジが困難になったりギア抜けの原因になります。

a0248662_205779.jpg
a0248662_20574137.jpg

a0248662_2132852.jpg

この年式のアイアンスポーツは、メインシャフト1stと3rd、3rdと2ndの隙間が0.96mm~1.47mm。
カウンターシャフトの3rdギアと2ndギア、2ndギアと4thギアの隙間が0.96mm~1.47mmとなってます。
ギアが動いてしまい測りづらいので、数値よりもドッグギアがそれぞれのギアの真ん中にいることが大事です。

a0248662_20584266.jpg

a0248662_2058583.jpg

ドッグギアの位置がずれてる場合、シフターフォークの長さを変え、調整します。
シフターフォークのサイズはSTD+.005”+.010”+.020”+.030”-.005"-.010"-.020"-.030"とあります。

a0248662_211274.jpg

a0248662_2113031.jpg

しかしながら、アフターパーツのものでシフターフォークのアゴ?の部分が太く、ギアに当りチェンジできなくなるものがあります。その場合は削ってあげましょう。

a0248662_2122828.jpg

1速

a0248662_212536.jpg

2速

a0248662_2135973.jpg

3速

a0248662_2141418.jpg

4速

シフターフォークでドッグギアに位置を調整したらそれぞれのギアの入りっぷりを確認し問題なければO.Kです。


1978FXS1200



卒業生のM傘さん、暑中見舞いで登場。
卒業写真を撮って無かったので動画をアップします。
トリニティー卒業後、友達の同じくFXSの整備を勤しんでいるそうです。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-08-19 21:47 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1968XLH900 トランス...      MY GARAGE 3 >>