2012年 08月 01日

1971FLH1200 スイングアームベアリング&ネックベアリング

今日はショベルビックツインFLHのネック、スイングアームベアリングの交換。
リアタイヤの動力を受けるスイングアームピボット部、その動力をコントロールするネック部。バイクを動かすのに大事な場所です。しかしながらここがヤラレテいる車両は多いです。

a0248662_1382838.jpg

72年以前の丸パイプのスイングアーム。カッコ良いです。
ベアリング交換します。

a0248662_1385457.jpg

ベアリングレースを圧入。

a0248662_139743.jpg

グリスをたっぷり塗ったベアリングを入れ、シール、カラーを入れます。

a0248662_1391995.jpg

ビックツインのスイングアームピボットはシャフトとベアリングが当っている所が、段つきになってガタになってしまいます。シャフトも新品に交換。

a0248662_1393869.jpg
a0248662_1395727.jpg

フレームに装着。
フレーム側にネジか切ってあるのでシャフトを閉めこんでいき、ガタ無くスムーズに動くところでロックタブでロック。

a0248662_142564.jpg

ネックベアリングも交換。
ベアリングレースプーラーでレースを抜きます。

a0248662_1414551.jpg

レース圧入工具で、垂直に圧入。

a0248662_1422389.jpg

ネックステムにベアリングを圧入。

a0248662_1425184.jpg

フレームにネックステムを挿入し、アッパーベアリングを入れヘッドベアリングナットで締め、ベアリングに予圧をかけます。

a0248662_1431653.jpg

a0248662_1433491.jpg

ステアリングヘッド・アッパーブラケットによくやられている、ハンドルライザーブッシングを圧入。
コイツはカタイです。

a0248662_1434892.jpg

アッパーブラケットを装着しステムナットを締め今日はここまで。


このFLHのオーナーのI籐さんは以前にアイアンスポーツをレストアした卒業生です。
そのアイアンスポーツ1977XLHで北海道ツーリングを決行。2000キロぐらい走ったそうです。
そのもようは、またそのうちレポートしてもらいます。

というわけで・・・
北海道前に軽整備し、旅立っていくI籐氏。







トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-08-01 02:38 | 1971FLH1200 | Comments(2)
Commented by グルコサミンの効果 口コミ at 2012-08-02 12:00 x
はじめまして。
アイアンとかめっちゃ渋いですね。
Commented by sgf1906 at 2012-08-07 03:48
グルコサミンの効果 口コミさん、はじめまして。
アイアン、かっこ良いですですよね。


<< BMW R12 蘇生する      1980FXS1340 バルブ... >>