2012年 07月 24日

JAP SPEEDWAY ビックエンドベアリング

今日はJAPののクランクビックエンドお話。
ビックエンドのガタ(クリアランス)は手で触った感じでは少なく感じたのですが、ピニオンシャフトが交換、修正する必要があるのでクランクをバラシます。

a0248662_284651.jpg

偶然にもハーレー用のクランクロックツールがピッタリ。

a0248662_223512.jpg

a0248662_224973.jpg

プーラーを使い、ドライブ側を抜きます。
「バッチン」と凄い音を立てて取れました。テーパーはシッカリ利いています。

a0248662_23242.jpg

そして早速計測。

a0248662_231873.jpg

ローラーは1/4”×1/2”のものが10個
実測6.346mm

a0248662_233977.jpg

クランクピンは1-1/8” 実測28.575mm

a0248662_2353100.jpg

ビックエンドベアリングレースは約1-5/8” 実測41.295mm
楕円のもなっておらず問題なし。
クリアランス 0.028mmってところでよい感じです。

関心したのはビックエンド部分とベアリングレースの肉厚が厚いところ。
この部分はクランクの上下運動により、上下方向に楕円になります。
レースの磨耗で楕円になってるのであればまだよいのですが、ここの肉厚が薄いと、コンロッド自体が変形し楕円になってしまいます。そうすると上下方向にはガタがあり、横方向はクリアランスが無い状態になります。

ポリッシュ仕上げのアルミ製肉厚コンロッド、フライホイールもポリッシュされています。さすがレーシングエンジンですね。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-24 02:57 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)


<< 1980FXS バルブガイド      1980FXS カムエンドプレイ >>