2012年 07月 18日

JAP SPEEDWAY クランクシャフト

クランクケースをバラシたJAPスピードウェイのクランク軸受けベアリングの計測です。

a0248662_29062.jpg

a0248662_293969.jpg

a0248662_2104419.jpg

クランクシャフトの軸受けはドライブ側、タイミング側共に1/4”のローラーベアリングが10対づつ入ってました。
ベアリングケージの穴に大小の長さのローラーが交互に入っていました。これは少々疑問。
ドライブ側、タイミング側にスラスト調整シムが入ってましたが、バラす前に随分とクランクのスラストがあったので、シムは製作しなければならないでしょう。

a0248662_2114834.jpg

a0248662_2162219.jpg

ベアリングレース内径もドライブ側、タイミング側共に殆ど同じ。
残念ながら、ドライブ側はケースとの嵌め合いが悪く手スポ。

a0248662_2165594.jpg

a0248662_2173075.jpg

問題なのがクランクシャフト。
ローラー、ベアリングレースがドライブ側、タイミング側ほぼ同じものなのに対し、タイミングシャフトがドライブシャフトよりも約0.1mm小さい。
クリアランスを計測してみると、ドライブ側 0.08mm、タイミング側 0.2mm。
ドライブ側はハーレーのオーバーサイズローラーを使ってどうにかなりそうですが、タイミング側は何があったのでしょうか・・・?
まぁこれから色々楽しめそうです。 




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-18 03:04 | JAP 500 SPEEDWAY | Comments(0)


<< 1968XLH ドレンボルト      1968XLCH バラシ2 そ... >>