2012年 07月 14日

1960 VELOCETTE VIPER プライマリー

ベロセットの特徴的な薄いプライマリー周り。
クラッチアッセンブリーを薄くし、エンジン側に寄せることにより、クラッチホイールの回転応力を低減しています。
しかしながら、その“薄さ”のあまり少々問題が・・・
プライマリーチェーン、ドライブチェーンがチェーンケースに干渉したり、クラッチを切ったとき(開いたとき)にクラッチフロントプレートがチェーンケースにアッタリ・・・
さぁ、今回はどうでしょうか。

a0248662_1143280.jpg

a0248662_1145446.jpg

ギアボックスのアジャスタースクリューでギアボックスをズラシ、プライマリーチェーンの張り調整。
プライマリーチェーンは“伸びる”と悪名高いRENOLD製。国産のものより薄いのでコイツを使ってみます。
チェーンとプライマリーカバーの干渉はありません。

a0248662_1154332.jpg

a0248662_1172387.jpg

チェーンケースはディスタンスカラーが入りボルト一本で止まります。
このカラーの厚みが、インナーチェーンケースとアウターチェーンケースの“隙間”になります。
クラッチのフリクッションプレートを新品にかえ厚みが変わった為か、クラッチを切ったときにクラッチフロントプレートが、アウターチェーンケースに当たります。

a0248662_1165113.jpg

長めのディスタンスカラーを製作し、クラッチフロントプレートが当らず、ドライブチェーンがアウターチェーンケースに干渉しないところします。

a0248662_118445.jpg

a0248662_119275.jpg

非常に着けづらいジョイントモールディング(ゴムリング)とストラップを着け、完了。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-14 02:56 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1978FXS TUNE      1980FXS タペットローラー >>