2012年 07月 10日

1980FXS クランク軸受けベアリング

今日はクランク芯出しが終わったビックツイン・FXSのクランクシャフトベアリングのお話。

a0248662_1205965.jpg

a0248662_1214365.jpg

a0248662_1221928.jpg

テーパーベアリング圧入後、スプロケットシャフトベアリングシムの厚みを変え、エンドプレイ(クランクのスラスト)を調整。マニュアル上では0.025mm~0.15mm。
トリニティーではガタが無くスムーズにクランクが回るところにします。
適当なシムを入れ、エンドプレイを計りそこから逆算して、適正な厚みのシムを選定します。

a0248662_123366.jpg

a0248662_1263554.jpg

ピニオンシャフト側はシャフト、レース共に減っておらずスタンダードサイズローラーベアリングで、クリアランス0.025mm。
ピンシャフトベアリングローラー STD 1/4”×1/2”(28)

a0248662_1264919.jpg

スプロケットシャフトベアリングシム、ピニオンシャフトベアリングローラーサイズの選定が終わったら、仮組みしクランクを回し、変な抵抗や擦れてる感じなどが無いかチェックし、問題がなければ液体ガスケットを塗り本組みです。
この後はタイミング側を組みます。





トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-10 01:51 | 1980FXS1340 | Comments(1)
Commented by ミュウミュウ 店舗 at 2013-07-02 23:51 x
今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^


<< 1980FXS オイルポンプ      1968XLCH バラシ >>