2012年 07月 04日

1980FXS クランク芯出し

今日はハーレー・ショベルビックツインのクランク芯出しのお話。

a0248662_22851.jpg

クランクにシャフトの振れは大きく分けて2種類。
クランクピンを上で見たとき、横方向の振れ(図C)と縦方向の振れ(図A・B)
今回は横方向の振れについてお話を・・・

a0248662_234855.jpg

a0248662_241693.jpg

ドライブ側、タイミング側のフライホイールを合わしクランクを組みます。
このとき、ドライブ側、タイミング側のフライホイールの径はまったくの同径ではないので隙間を計っておき、隙間を均等にし、クランクを回しシャフトの触れを見ます。

a0248662_243682.jpg

シャフトが振れてる方向を叩き触れを修正します。
このときクランクピンナットを締めすぎていると(テーパーが利き過ぎている)動きません。逆に緩過ぎると動きすぎ、微調整が出来ません。
先に計っておいた“隙間”を当てにしてフライホイールをずらします。

a0248662_251298.jpg

シャフトの触れがなくなるまでこれを繰り返します。
そのつど、クランクのどの状態のときにどちらにどれだけシャフトが振れているかデータを取っておきます。

a0248662_274785.jpg

最後に規定トルクでクランクピンを締め付けるのですが、このときフライホイールは振れてしまいます。
本締めの前のナット締め込み量によって振れ量が変わりますが、この振れ量を計算に入れて、芯出しをしなければなりません。
面白いのは、クランクピン締め付け時、どちらのフライホイールを固定するかによってシャフトの触れる方向が違います。
(注:画像はアイアンスポーツのものです)

この後、図A・Bの縦方向の振れを修正し、シャフトの振れ0.02mmまでしました。
クランクはそれぞれ、性格が違いそのつどその性格を見極めながら芯出しをしなければなりません。
同じ作業を繰り返し、100分台を出すこの作業は根気と時間を必要とします。
その分出たときは、なんともいえない開放感が味わえます。
0さんお疲れ様でした。




真夜中のKOUNO



a0248662_3492082.jpg

まさかの平成生まれのK君も遂に卒業。
悩み多き23歳。トライアンフで何処に向かうか。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-04 03:29 | 1980FXS1340 | Comments(1)
Commented by ポーノツ at 2012-07-04 21:08 x
こうの君よかったね!バーカ!


<< 1968XLCH900 授業開始      アイアンスポーツ・グリスニップル >>