Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 01日

授業風景

夏を感じる季節になって来ました。
こんな日はお外に遊びに行きたいな、などと考えていると生徒さんの集まりも悪い・・・。

a0248662_0523112.jpg

卒業生のサンビームM氏。
NEWミラーを入手し色を塗っている・・・

a0248662_052458.jpg

卒業生のアイアンスポーツK君。
オイル交換、増し締め、タッペット調整、そして恋のお話・・・・

a0248662_0531039.jpg

唯一の在校生のNさんは、
曲がってしまったモールトン(自転車)のフロントフォークの修理・・・

うーん、なんだかのんびりした土曜日です。


と、言う訳でアイアンスポーツの増し締めについて。
オーバーホールしたエンジンは、500kmごとに2、3回いはオイル交換と共に増し締めをすることを推奨します。アルミの面に紙ガスケットが入ってるところは、アルミが熱で膨張、冷めて収縮を繰り返し、隙間が開きます。特にアイアンの場合はシリンダーベースとロッカーアームカバーのところは緩みます。
2,3回増し締めしてやれば、ガスケットがつぶれきり、緩まなくなります。
せっかくオーバーホールしカッチリ組んでやっても、増し締めせずそのまま走っているとガタガタになってしまいます。
緩むと言えばアイアンのリア側のエンジンマウント(エンジンハンガー)のドライブスプロケット側のケースを止めているボルトは何故か緩みます。何故かエンジンハンガーのここだけ緩むのです。
ここはよくクラックが入っているところで、ネジが緩みやすいのも関係しているかもしれません。
たまにここも見てやった方が良いです。(セルスターターが付いていると回しづらいです。)

a0248662_0541862.jpg

a0248662_0542890.jpg

(参考画像)




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-07-01 01:52 | その他 | Comments(0)


<< JAP 500 ENGINE      1960 VELOCETTE ... >>