Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 21日

1980FXS スモールエンドブッシュ

今日は1980年FXSスモールエンドブッシュのお話。
スモールエンドブッシュはリプロ品のAMPCO45製のものを使います。
ハーレーのリプロ部品でよく使われている銅合金でバルブガイド、ブッシュなどに使われています。
AMPCO45はアルミ青銅の一種で耐磨耗性、すべり性が良いのですが、その分加工するとなると、なかなか厄介です。

a0248662_3565172.jpg

圧入工具で圧入。コンロッドとブッシュのオイル穴を合わせます。

a0248662_358040.jpg

a0248662_3581553.jpg

専用リーマーで真円拡大するのですが、アルミ青銅は耐磨耗性良い分切れづらく(刃が立って無い感じ)リーマーの摩擦で熱膨張し、リーマーが重くなり回せなくなります。
切削油を潤滑、冷却のためガンガン吹きかけ切って行き、熱を持ったら休憩。

a0248662_482625.jpg

リーマーを通しても、新品ピストンピンを入れるとまだ渋い・・・
中古ピストンピンにバルブコンパウンド&オイルを付けラッピング。
新品ピストンピンがガタ無くスムーズに回るところまで削ります。

a0248662_4144721.jpg

最後の仕上げにホーニングをして出来上がり。
フレックスホーンを使い、ブッシュに螺旋状の細いキズを作ってやり、ブッシュとピンの間にオイル皮膜が保持されるようにします。

何時もながら、AMPCO45(アルミ青銅)の加工にはてこずりますが、その分この素材は持つのであろうと思わせます。




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-06-21 04:34 | 1980FXS1340 | Comments(0)


<< 1968XLH900 トランス...      1968XLH Fフォーク2 >>