Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 07日

1980FXS ビックエンドラッピング

今日は1980FXSのコンロッド・ビックエンドラッピングのお話。
ビックエンドベアリングレースを真円拡大しローラーベアリングを選択します。

a0248662_4101686.jpg

ビックエンドベアリングレース内径を計測。
縦方向の数値 41.28mm。 横方向の数値 41.26mm。
縦方向に0.02mm楕円になっています。

a0248662_4111680.jpg

ラッパーにバルブコンパウンド&オイルのタレを付け旋盤で200回転程度でラッピングします。
ラッパーを調整しラッパーとビックエンド部がガタが無い状態で回します。
ベアリングレース内径が真円で41.28mmになるところを狙ってラッピング。
一回削っては計測。狙った数値になっていなければ、また削り計測。を繰り返します。

a0248662_4114149.jpg

a0248662_543268.jpg

ベアリングローラーを選択します。
ローラーは0.0002”(約0.005m)刻みでオーバーサイズがあります。
STDサイズは3/16”(4.7625mm)

{41.28mm(ベアリングレース内径)-31.72mm(クランクピン外径)-0.025mm(クリアランス)}÷2
=4.7675mm(必要なローラーサイズ)
となります。

0.0002”オーバーサイズのローラーを実測。
ローラー外径4.768mmでクリアランス0.024mmで組みます。

a0248662_4115265.jpg

a0248662_412781.jpg

実際に組んで確認。計算上の数値&実感が大事です。
コンロッドを回してみて、変な抵抗、引っかかりがある様なら見直します。
フロント側コンロッド、スモールエンド部の触れが1mm無い位。
狙った数値になり、無事ビックエンド完了です。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-06-07 05:19 | 1980FXS1340 | Comments(0)


<< 1968 XLH キックスタンド      1971FLH オイルポンプ 2 >>