Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 06日

1971FLH オイルポンプ 2

オイルポンプドライブシャフトブッシュを交換し終えたショベル・FLH。
オイルポンプを組んでいきます。

a0248662_2124595.jpg

a0248662_213102.jpg

オイルポンプのギアはフィード側、リターン側一対づつ、計4個のギア。
フィードギアよりリターンギアの方が厚くなっていて、オイルの送り量より戻り量を多くしています。

a0248662_2135545.jpg

a0248662_214799.jpg

ギアの面とボディーの面の隙間(ギアの出っ張り量)をチェック。
実測値はフィード側 0.1mm リターン側0.08mm
この隙間がないとガスケットを入れて組んだときに油圧が抜けてしまいます。
逆に隙間がありすぎると(出っ張りすぎ)ギアを押してしまい、抵抗になってしまいます。
出っ張りが無くなってしまっている場合は、ボディーの内側の面が削れて減ってしまっているのでボディー交換です。
そのガスケットですが年式により色々種類があります。
白ペーパー  トルク 5.7~6.9N.m
黒ペーパー 10.3~13.8N.m
プラスティック 5.2~5.7N.m
ガスケットの素材、厚みによって締め付けトルクが指定されていますが、あくまで純正ガスケットを使った時の基準で、ボディーの状況によっても違うので、あしからず。
今回はジェームス製の黒いペーパーガスケットを使いました。(厚み0.2mm)

a0248662_2142733.jpg

a0248662_2144178.jpg

締め付けトルク 10N.mで締め付けて、手でオイルポンプを回してみます。
トリニティーでは少々抵抗があるぐらいで回るところにします。
軽く回りすぎたり、渋い場合は締め付けトルクやガスケットの厚みを変え調整します。

a0248662_2145514.jpg

最後に実際にオイルを入れクランキングし、ビックエンド、タッペト、ロッカーへのオイルラインへオイルが行っているかチェック。
手の入りづらいところのキーやリテーニングリング、ガスケットの選択、締め付けトルクの管理など、ハーレーのオイルポンプは面倒ですね。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-06-06 03:37 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1980FXS ビックエンドラ...      1960 VELOCETTE ... >>