Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 28日

1968XLH ピニオンシャフトベアリング

今日はハーレー・アイアンスポーツのピニオンシャフトベアリングのお話。

a0248662_222399.jpg

1957年~1976年までのピニオンシャフトの軸受けベアリングはバラ玉のローラーベアリング、13個です。
このレーラーは1955年~1957年ビックツインのピニオンベアリングローラーと同じもの。
OEM,NO 9421 (STDサイズ 4.7625mm×20.32)

a0248662_2223192.jpg

a0248662_2224285.jpg

ベアリングレース内径、ピニオンシャフト外径、ローラー外径それぞれ計測。
実測値 ベアリングレース内径 34.96mm
      ピニオンシャフト外径 25.39mm   
      ローラー外径      4.767mm
ベアリングレース内径34.96mmからピニオンシャフト外径25.39mmを引くと9.57mm。
ここからクリアランス分0.025mmを引くと9.545mm。
これを2で割ると4.7725mm。これが必要なローラーサイズになります。

a0248662_222543.jpg

ローラーはSTDサイズ 4.7625mmから0.0002”(0.005mm)刻みで0.001”までオーバーサイズがあるのですが、社外品のローラーの場合、微妙にサイズが違うので面倒です。
スットクしてある、それぞれのオーバーサイズローラーを実測し、適したローラーを選定します。
V-TWINのローラー、0.0006”オーバーサイズが実測値4.772mmだったのでコイツで組みました。

ピニオンシャフトベアリングクリアランス 0.02mm~0.025mm



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-05-28 03:32 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< VELOCETTE VIPER...      1980FXS トランスミッシ... >>