2012年 05月 22日

1980FXS 腰下分解&測定地獄

今日はエンジン持込のOさんのFXSの腰下分解。
さあ、どーなっているでしょうか。

a0248662_220536.jpg

a0248662_2204416.jpg

a0248662_2205721.jpg

クランクをバラす前にスラストを測っておきます。
スラストクリアランスは0.05mm。問題ない数値です。
スラストクリアランスはC型したシムの厚みを変え調整します。

a0248662_2212460.jpg

スラストシムを外し、テーパーベアリングに与圧をかけた状態(ガタが無い状態)にクランクシャフトの振れをチェック。
こちらは残念ながら、0.2mmほど振れています。(ピニオンシャフト側で測定)

a0248662_2215420.jpg

「芯が振れているのならばらしてまえ」とクランクをばらし測定地獄へ。

a0248662_2221529.jpg

a0248662_2224677.jpg

a0248662_2225462.jpg

クランクピンは減っおらず問題なし。
ローラーもSTDが入っていて殆ど減っていません。
しかしながら、ビックエンドベアリングレースは上下方向に0.02mm程度楕円になっています。

ビックエンドベアリングレースが0.02mm程度楕円になっている事が本当に多いのですが、これが磨耗によって楕円になっているか疑念があります。
ピストンの上下運動を回転運動にしてる訳ですから、コンロッドビックエンドの上下方向に力が掛かるのはのは当然ですが、ピン・ローラーに磨耗が無く、レースだけ磨耗しているのは考えづらい。
重いフライホイール、長いストロークのクランクのため、コンロッドが引っ張られる力により、楕円に変形しているのではないか?
この疑問を解消するにはビックエンドベアリングレースを抜き計測するしかありませんが・・・
また機会があったらレポートします。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-05-22 03:48 | 1980FXS1340 | Comments(0)


<< 1968XLH スモールエンド...      授業風景 >>