Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 16日

1971FLH オイルポンプ

今日は1971年ハーレーFLHのオイルポンプの話。
この車両のオイルポンプ、ドライブシャフトブッシュには、大分ガタがありました。
ここには常にオイルが行ってる訳ですから、ガタがあるのは珍しいです。

a0248662_2371749.jpg

オイルポンプ・ドライブシャフトを回すドライブギアは、クランクピニオンシャフトに付くウォームギアによって回される訳ですから、クランクシャフトの芯のズレからオイルポンプギアが押されながら回り、ブッシュが磨耗したのかも知れません。

a0248662_239421.jpg

専用プーラーを作り、ブッシュを抜きます。

a0248662_2391367.jpg

a0248662_2394938.jpg

冶具を作り圧入。
決して叩いてはいけません。

a0248662_2404258.jpg

圧入後、少々擦り合せをしガタなくスムーズになりました。

今回のように冶具や工具を作るのもレストアの楽しさの一つです。



今日のスイーツ
a0248662_2414853.jpg

御殿場S籐さんのお土産、御殿場プリン。 
なめらかさ120%

by sgf1906 | 2012-05-16 03:22 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< BMW R12 始動      1980FXS バルブガイド ... >>