2012年 05月 15日

1980FXS バルブガイド 分解測定

先日、入学した新入生のOさんのFXS、バルブガイドにガタがあったので、ガイド交換です。

a0248662_261332.jpg

バルブガイドを抜く際、ガイド回りに付着したカーボンによってヘッド側バルブガイド穴を傷つけてしまう事があります。抜く前に綺麗に清掃します。

a0248662_262828.jpg

a0248662_264570.jpg

リアシリンダーヘッドのEX側にクラックが・・・ガイドにも跡が付いています。

a0248662_265619.jpg

ヘッド側のバルブガイド穴、内径測定。
クラックが入っているところ以外は、大きな傷もなく、楕円にもなっていないので問題なさそう。
1~2オーバーサイズのガイドでいけそうです。

ちなみに78年以前と79年以降のものでバルブガイド(圧入部分の直径)が違います。
78年以前・・・STDサイズ 約14.37mm
79年以降・・・STDサイズ 約15.87mm
約を付けたのはメーカーや製品誤差で微妙に違うからです。あしからず・・・



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-05-15 02:51 | 1980FXS1340 | Comments(0)


<< 1971FLH オイルポンプ      KEIHIN バタフライ >>