2012年 04月 10日

1954KH どんどん組付け

ステアリングヘッドがかっちりとしたハーレー・KH。どんどん組んでいきます。

a0248662_148645.jpg

フロントフォークのインアーチョーブは10”オーバーサイズのものから、STDサイズ(22-3/4”)のものへ。
新品のインアーチューブとアウターチューブの組み合わせで、フォークのガタが無くなりホッとしました。

a0248662_153398.jpg

a0248662_1532986.jpg

フロントハブベアリングも交換。
仮組みをし、ガタがある場合はディスタンスカラーを縮めガタを調整します。

a0248662_1555922.jpg

a0248662_1561777.jpg

サイドスタンドのガタも多かったので、スリーブを製作。
KHやアイアンスポーツはクランクケースプライマリー側とサイドスタンドの隙間が少ないので、ここにガタが多いと、ケースに干渉し最悪割れてしまいます。

a0248662_27226.jpg

a0248662_27163.jpg

a0248662_274289.jpg

そして「エイッ」とエンジンを乗っけます。
エンジンフロント側はマウントプレート、リア側はエンジンハンガーでエンジンとフレームをマウントします。
KHのエンジンハンガーは上側が4本のボルトで留まっていて丈夫そうです。
アイアンスポーツのものはここが2本で留まっており、よくクラックが入っています。
オイルタンク、バッテリーケースのマウント方法に変更で、4本から2本になったのでしょうが、古い物の方が作りが良いという事は何時もながら悲しいですね。


a0248662_229219.jpg

三度(みたび)トライアンフをオーバーホールする男、T嶋氏。
さすがに慣れたものでどんどん作業を進めていきます。
落ちる男、メンドクサイ男に囲まれエンジョイレストアレーション。
レストアは精度が大事、ノウハウが大事、そして楽しむことが大事ですね。
詳しくはafter hoursまで


今日のスイーツ
a0248662_321245.jpg

E本氏の京都土産 茶だんご
和菓子の良さを知る今日この頃。

by sgf1906 | 2012-04-10 03:11 | 1954KH883 | Comments(0)


<< 1954KH どんどん組付け2      1968XLH バルブシートカ... >>