2012年 04月 09日

1968XLH バルブシートカット&すり合わせ

前回バルブガイドの圧入、リーマー通しをしたアイアンスポーツ。
今日はバルブのシートカット&擦り合せです。

a0248662_2272862.jpg

実際に軽く擦り合せをして、バルブシートとバルブの傘の当り面の位置、幅を確認します。
バルブガイドがシート面に対して垂直に圧入出来ていれば、この時点でシート面全周に擦り合います。

a0248662_2364280.jpg

a0248662_2365685.jpg

バルブシートとバルブの傘の当り面の位置、幅を確認したところで、シート幅が1.5mm、バルブの傘の真ん中に当り面がくるよう、シートカットします。

a0248662_2404720.jpg

コイツは、EX側バルブシートの虫食いが酷かったので45度部分をシートカット。その後シート当り幅が1.5mmになるよう60度部分をカット。
IN側は45度部分は良かったので、シート幅を合わせるため60度部分だけカット。

a0248662_2503550.jpg

a0248662_2505723.jpg

シートカット後、仕上げの擦り合せ。
ポートに灯油を入れ、合わせ面から漏れてこないかチェックします。
Sさん、渾身の力でバルブを押さえております。漏れなければO.Kです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-04-09 03:01 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1954KH どんどん組付け      1960 VELOCETTE ... >>