Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 04日

1968XLH バルブガイド

今日はアイアンスポーツのバルブガイド交換。

a0248662_142150.jpg

ヘッド側のバルブガイド穴の内径計測。
前後ヘッドのIN側、EX側共に14.32mm~14.33mm。
この穴が楕円になっていると、ヘッドとガイドの隙間からオイル下がりをします。
アルミヘッドと違い、鉄ヘッドはここが変形していたり傷ついていることが少ないので良いですね。

a0248662_1522346.jpg

新たに使うバルブガイドはROWE CAST IRON STDサイズ。
外径は14.35mm。
ヘッドとの嵌め代は0.02mm~0.03mmになりますね。
鉄ヘッドと鉄ガイドの嵌め代としては少しきつめでしょうか。
ちなみにガイドのオーバーサイズは0.001”刻みであり、+0.003”まであります。

a0248662_21128.jpg

圧入工具で圧入。

a0248662_215479.jpg

圧入した分、バルブガイドの内径は縮んでしまるので、専用リーマーで真円拡大します。

マニュアル上のクリアランス
IN 0.038mm~0.088mm
EX 0.063mm~0.11mm

この後はバルブシートカット、すり合わせですね。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-04-04 02:16 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1960 VELOCETTE ...      BMW R12 点火タイミング >>