2012年 03月 28日

VELOCETTE MAC オイルライン

今日は1938年ベロセットMACのオイルラインのお話。

a0248662_2433728.jpg

オイルポンプから加圧されたオイルはポンプの横の穴(ここにチェックバルブが入る)からタイミングカバーへ。

a0248662_2512874.jpg

チェックバルブは板タイプとネジタイプの2種類あります。コイツはネジタイプのもの(ケースにねじ山が切ってある)

a0248662_2552727.jpg

ケースからタイミングカバーを通り、クランクビッグエンド、カムブッシュ、シリンダー内壁、ロッカーアームへオイルが圧送されます。

a0248662_2595411.jpg

a0248662_301111.jpg

ビッグエンドに行くオイルはタイミングカバー下にあるオイルジェットを通り、ピニオンシャフトからビッグエンドへ。

a0248662_374791.jpg

タイミングカバーの上の穴からオイルジェットボルト(ボルトに穴が開いている)へ行き、シリンダー内壁を潤滑。

a0248662_3102852.jpg

a0248662_3112060.jpg

オイルパイプを通りロッカーアームを潤滑。
ヘッドに行ったオイルはプッシュロッドカバーを通り、タイミングギアボックスへ落ちていきます。

オイルの流れは大体こんな感じでが、ベロセットのオイルシステムには少々疑問があります。次回はそんなお話でもしてみますか。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-28 03:26 | 1938 VELOCETTE MAC | Comments(0)


<< 1968XLH ロッカーアーム      1954KH 車体組付け >>