Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 25日

1971FLH カムスラスト

今日はショベルビッグツインのカムギアボックスのお話。
前回、カムブッシュ、ピニオンシャフトブッシュを交換、調整し、その続き。

a0248662_264576.jpg

a0248662_271816.jpg

カムギアシャフトのスラストクリアランスを調整します。
毎度のことながら、シムで調整。
シムは0.127mm刻みで1.27mm~2.54mmまであります。

a0248662_2144721.jpg

ロックワッシャー、スラストワッシャー、カム、実際に使うカムカバーガスケットで組んでみて、シックネスゲージを使いスラストクリアランスを測ります。
マニュアル上のクリアランス 0.025mm~0.13mm
トリニティーでは0.1mmになるようにシム調整します。

a0248662_220669.jpg

a0248662_2201887.jpg

ブリーザーギアのスラストクリアランスも同じように調整します。
マニュアル上のクリアランス 0.025mm~0.13mm
ブリーザーギアのスラストワッシャーも0.127mm刻みであります。
early79年以前とlate79年以降のもので形状が違うのでお気を付けを。


今日のスイーツ

a0248662_231432.jpg

S籐さんからのお土産。
四国松山名産 一六タルト
ゆず風味の大人のお菓子。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-25 02:36 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1979FXS 点火タイミング      VELOCETTE VIPER... >>