Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 19日

1971FLH カムブッシュ

今日はハーレービッグツインFLHのカムブッシュのお話。

a0248662_1235020.jpg

何故かメッキされ、ザクザクになっているカムブッシュを交換します。

a0248662_1262459.jpg

a0248662_1265154.jpg

ハーレーのカムブッシュにはオイル穴と、位置決め、回り止めの為のダウエルピンが入る穴が開いています。
新品のブッシュにはその穴が開いていないので、位置を確認し新たに開けます。

a0248662_1363973.jpg

a0248662_1371063.jpg

ダウエルピンはブッシュ圧入後、カムカバーものとも穴を開けピンを入れます。
しかしその方法では、カムブッシュを交換する度にカムカバーに半円柱状の穴(溝?)を掘らなくてはなりません。
それを避けるため、ブッシュに半円柱状の穴を開けるための冶具(ダミー)を使い、ピン溝を掘ります。

a0248662_1475471.jpg

ピン位置、オイル穴の位置を合わせて圧入。
ピンを入れて完了です。

圧入後、カムブッシュ内径が0.01mm縮み、カムシャフトの入り(クリアランス)が渋くなったので、リーミング&ホーニングをします。
その話はまた次のお話で。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-19 01:57 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< アイアンスポーツ・トランスミッ...      1971FLH ピニオンシャフ... >>