2012年 03月 18日

1971FLH ピニオンシャフトベアリング

今日はショベルビッグツイン、FLHのピニオンシャフトベアリングのお話。

a0248662_2493866.jpg

ピニオン側のベアリングはバラ玉のローラーべらリング28個です。
ローラーサイズ STD 0.25”(6.35mm)×0.49”(12.44mm)となってますが、新品ローラーを実測してみると、STDローラー直径は6.344mm。
この0.006mmの差異でクリアランスを取っています。

a0248662_257313.jpg

クランク側、ピニオンシャフトベアリングレースの内径は44.45mm(1-3/4”)

a0248662_258583.jpg

ピニオンシャフト径は31.75mm(1-1/4”)

計算すると・・・
44.45mm(レース内径)-{6.344mm+6.344mm(ローラーベアリング2個)+31.75mm(ピニオンシャフト径)}
=0.012mm(クリアランス)

ピニオンシャフトベアリングクリアランスは0.012mmとなります。

ベアリングレースが磨耗してた場合、レースラッピング&オーバーサイズベアリングを使い、クリアランスを0.01mm~0.02mmになるよう調整します。

a0248662_391895.jpg




トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-18 03:13 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1971FLH カムブッシュ      1935VLD スプロケットシ... >>