2012年 03月 15日

1954KH フロントフォーク

今日はハーレーKHフロントフォークのお話。

10”オーバーサイズのインナーチューブだったこの車両。
ステアリングヘッドがガバガバだったり、フォークにガタがあったりと、ろくな事がないので心機一転インナーチューブをスタンダードの物にします。

a0248662_4272355.jpg

STDサイズ 33.4mm 22-3/4”

a0248662_4355776.jpg

a0248662_4361593.jpg

ダンパーチューブアッセンブリーを、アウターチューブの下側に入れサークリップで止めます。

a0248662_4395284.jpg

a0248662_440101.jpg

ダンパーチューブの頭の溝に特大マイナスドライバーを入れ、空回りしないようにして、ダンパーチューブボルトを締めます。

a0248662_4445593.jpg

フォークのガタは、もとのインナーチューブが減っていたもので、(メッキが剥離するぐらい減っていた)新品インナーチューブとの組み合わせでは問題なく良かったです。
ちなみに、このフォークは70年~72年アイアンスポーツのものです。



今日のスイーツ

a0248662_52591.jpg

今日もまたS水さんの差し入れ、ホワイトデーバージョン。コージーコーナーの生チョコ。

a0248662_55296.jpg

また熱いトリニティー生活が始まるIRKさんの差し入れ、江戸川区役所前“きんとき”の大福。

by sgf1906 | 2012-03-15 05:16 | 1954KH883 | Comments(0)


<< 1935VLD スプロケットシ...      1954KH スイングアーム2 >>