2012年 03月 14日

1954KH スイングアーム2

色々と問題がありそうなので、ばらしたハーレーKHのスイングアーム。

a0248662_272192.jpg

a0248662_275128.jpg

アームとラグの継ぎ目に謎の“切れこみ”があったり、歪んでいたりということで、スイングアーム交換です。
確かにこの車両のリアタイヤは、随分横にずれていました。

a0248662_2175729.jpg

73年XLHのスイングアームと比べてみると、KHのものはピボット部からリアショックスッタッドの距離が約30mm短い。(左、XLH 右、KH)

a0248662_2235270.jpg

XLHのスイングアームはXLCHのものよりもパイプ部が約1in長いという話を聞いたことがあります。
ストレートのパイプのKHと曲がっていて長いパイプのXLH。
KHのスイングアームとXLCHのスイングアームの形状は近いのでしょう。

調べてみると・・・
54年~65年KH,XLH,XLCHのスイングアームは共通。
67年74年のXLH,70年~74年のXLCHのスイングアームは共通。
67年~69年はXLCHだけのスイングアームがあります。

つまり、54年~66年までは全モデル短いスイングアーム。
67年からXLHが長いスイングアームに。
70年からXLCHも長いスイングアームになるってことでしょうか?

なんだかややこしいですね。
まだまだ知らない事ばかりです。



トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-14 03:45 | 1954KH883 | Comments(0)


<< 1954KH フロントフォーク      やればたるほど >>