2012年 03月 10日

1935 VLD クランク

今日は久しぶりにハーレーVLDネタ、クランクのお話。

クランクピン、スプロケットシャフト、ピニオンシャフトは終了していたので新品に交換。
この辺のリプロ品が出ていて助かりました。

a0248662_201442.jpg

ピニオンシャフト
a0248662_202243.jpg

スプロケットシャフト

a0248662_221477.jpg

a0248662_222223.jpg

シャフト径はスプロケットシャフト、ピニオンシャフト共に1インチ。
ネジサイズは3/4”-18山。
ピニオンシャフトナット、スプロケットシャフトナットどちらも138N.mで締め付けました。

a0248662_2183172.jpg

a0248662_2184179.jpg

アールテックエンジニアリングの前身、Rエンジニアリングでビックエンドベアリングレース圧入、ラッピング、クランク組み立て、芯出し、バランス取り、スモールエンドブッシュ製作してもらったクランク。

ビックエンドベアリングクリアランスは0.025mm。ナイフ側コンロッド先端部が1mm横に動く程度。
コンロッドサイドクリアランスは0.2mm。




泥沼ダイビング
a0248662_2502012.jpg

Douglas90Plusのあのお方も、泥沼ダイビング中であります。
その闇の深い深いところには何があるのでしょうか・・・・そこにはきっと・・・
詳しくはFlyer Motorcycle Workshopまで


トリニティースクールでは生徒募集しています。
学校見学は常時受け付けています。お気軽にご来校ください。
詳しくはトリニティースクールHPまで。


わたくしのブログを御覧になっておる皆様、何時も有難うございます。
ブログランキングに参加してるので、クリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

by sgf1906 | 2012-03-10 03:19 | 1935VLD1200 | Comments(0)


<< 1968XLH オイルポンプ      1968XLH タペット >>