2012年 02月 13日

1938 VELOCETTE MAC 点火時期そして

今日はベロセットMACの点火時期のお話。

a0248662_2351849.jpg

圧縮上死点(吸気工程終了後)にし、分度器を付けTOP、0度のところに印をつけます。

a0248662_2391871.jpg

BTH自動遠心力ガバナー。
BTHの自動進角の場合、ルーカスのものとは違い、進角位置で点火時期を合わせられないので、遅角で合わせます。
マニュアルによりと、遅角0度~4度
オクタン価の大きいガソリンの場合 12度 とあります。
なかなか曖昧な数値ですね。今回は5度で組んで見ます。
進角は38度

a0248662_2355750.jpg

圧縮上死点0度のところから5度戻します。

a0248662_2383446.jpg

マグネトーの回転方向を確認しておきましょう。(車種によって違います。)
ベロセットの場合は向かって、時計回り。

a0248662_2365987.jpg

マグネトーが時計回転して行き、ポイントが閉じている所から、開き始めるところに合わします。(0.02mmの銅版をポイントに挟み確認)
カムリングが山なりになっている所(写真、二つの印の左側)にポイントヒール(写真の印が合っている所)が乗るとポイントが開きます。
この状態でガバナーをマグネトーに固定します。(この時ガバナーは閉じています。)
これで点火時期調整は終わり。そして・・・

a0248662_2395659.jpg

エンジン始動です。
無事エンジンが掛かり、ニンマリのSさん。
「本当に動いた。」
Sさんがつぶやいた言葉に、自分が組み上げたバイクが動くという感動と実感を感じました。


お願い
最近知り合った方のハーレー・パンチョッパーが盗難に遭われたそうです。
オーナーの方はバイクに対して真面目で熱い人です。
人の大事なものを盗むという行為は人間として最低です。
詳しくは SCC ism まで
協力お願いします。

by sgf1906 | 2012-02-13 00:14 | 1938 VELOCETTE MAC | Comments(1)
Commented by jellyroll1015 at 2012-02-13 16:29
協力ありがとう!


<< 1954 KH 883      VELOCETTE CYLIN... >>