Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 07日

VELOCETTE VIPER VALVE GUIDE

今日はベロセット・バイパーのバルブガイドのお話。

a0248662_3591228.jpg

NEW VALVE GUIDE & VALVE
写真右がインテーク側、左がエキゾースト側
インテークバルブガイドの頭はテーパー状になっています。
これは吸気工程時、ピストンがダウンストロークし吸気バルブが開き、混合気を「吸う」訳ですが、その時一緒に、ヘッドに行ったオイルを吸おうとしてしまいます。そのオイルを燃焼室に入りづらくする為、テーパー状にしています。

a0248662_4281211.jpg

a0248662_429789.jpg

ヘッド側バルブガイド穴内径とバルブガイド外径、計測。
ヘッド側バルブガイド穴は真円で問題なし。圧入しろは0.02mm~0.03mm。

a0248662_4365643.jpg

a0248662_437136.jpg

バイパーのバルブシート。
燃焼室をはみ出るように、逃げています。コイツにピッタリはまる様に、圧入工具の受けを作りました。

a0248662_4483654.jpg

テーパー状になっているバルブガイドの頭を潰さない様に圧入する工具。
コイツも製作しました。

a0248662_4525315.jpg

ヘッドを暖めて、圧入工具を使い圧入。

a0248662_4544183.jpg

a0248662_455193.jpg

バルブガイド先端からシリンダーヘッドまでが0.343in(8.71mm)になるところまで圧入します。
バルブスプリングボトムワッシャーのガイドにもなる訳です。

by sgf1906 | 2012-02-07 05:11 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1971FLH シリンダーヘッド      1971FLH カムギアボックス回り >>