2012年 02月 05日

1968XLH スイングアーム

今日はアイアンスポーツのスイングアームのお話。
アイアンのスイングアーム軸受けはテーパーベアリングなのですが、ちょっと変わってるので紹介します。

スイングアーム分解
a0248662_0372219.jpg

ピボットボルトを抜きます。

a0248662_0374031.jpg

ピボットボルトナット。
クランクケースでロックし空回りしないよう、こんな形状になってます。

a0248662_0384760.jpg

ベアリングロックナットワッシャーを取り、ベアリングロックナットを緩めればスイングアームは抜けます。

a0248662_0493147.jpg

テーパーベアリングの軸受けは普通、内側にてベアリングレースが固定されており、外側からベアリングを締め込んでいき与圧をかけ、ガタがなくスムーズなところで調整します。
調整方法として、ディスタンスカラーを使ったりアジャスターボルト又はナットで調整しロックするというのが一般的です。
しかしアイアンは内側にベアリングが入り、ピボットボルトで位置決めをし、外側からベアリングロックナットでベアリングレースを押して行き(移動させ)ベアリングのガタを調整します。
レース側を移動させ調整する仕組みは珍しいです。
スイングアームの軸の距離が短いアイアンスポーツ。小スペースの為、こういう構造になったのでしょう。
しかし、バイクを前に進めようとするタイヤからの力が掛かる、スイングアームピボット部の距離が短いのは、考え物です。

a0248662_116332.jpg

スイングアームにグリスニップルを持たない為、ベアリングレースがこのようにやられてる事が多いです。

a0248662_120097.jpg

ゴムシールではなく、スチール製のシールド・・・。(コレもスペースの為でしょう。)

色々と問題点が多いアイアンのスイングアーム、しかしそれでも、この華奢なスイングアームをカッコイイと思ってしまうのは僕だけでしょうか。

by sgf1906 | 2012-02-05 01:27 | 1968XLH900 | Comments(0)


<< 1971FLH カムギアボックス回り      1971XLH 点火タイミング >>