2012年 02月 03日

VELOCETTE VIPER GEAR BOX

今日は1960ベロセット・バイパーのギアボックスのお話。

ベロのシフトチェンジ、オペレーティングメカニズムは小スペースで、良く出来ているのでご紹介します。
a0248662_0123693.jpg

ギアチェンジロッカーアームピンと連動した③ストライキングプレートがギアチェンジ時に上下に動きます。
ストライキングプレートに付いている④ストライキングパウルが⑥カムプレート・ラチェットプレートを回します。
カムプレート・ラチェットプレートが⑦カムプレートを回し、セレクターフォークを動かしギアチェンジするわけです。

a0248662_0353142.jpg

カムプレートピボット。
コイツにはシムがあり、ストライキングパウルの位置が良いところに来るよう、高さを調整します。

a0248662_0361320.jpg

ストライキングプレート。
ギアチェンジロッカーアームピンと連動し動く訳です。
この形状を考えたベロッセットは偉いです。
ちなみにstrikingの意味は印象的な、奇抜なという意味らしいです。

a0248662_0373873.jpg

図86のセンターライジングレバーが、シフトチェンジ後のストライキングプレートを元の位置に戻します。
半円形の部分が味噌ですね。

a0248662_121686.jpg

カムプレート・ラチェットプレートとカムプレートが付いて完成です。
位置決めの印が付いているので合わせましょう。

ベロセットのメカニズムは、小スペース化を考えられていて、その結果変わった仕組みになっています。
戦前車のギアボックスを見ると、4速ミッションと思えないほど小さいです。(ハーレーがでか過ぎるのか?)
ベロのメカニズムは変わっていて本当面白いです。

by sgf1906 | 2012-02-03 02:14 | 1960 VELOCETTE VIPER | Comments(0)


<< 1971XLH 点火タイミング      オレ、コレ、スキッス。 >>