Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 25日

バルブシートカット&すり合わせ

今日はショベルビッグツインのバルブシートカット、すり合わせのお話。
バルブスプリングの話と順序が逆になってしまいました。スイマセン。

a0248662_2514358.jpg

a0248662_2515659.jpg

ヘッド側バルブ外ガイド穴の内径を測定し、使うガイドを選定し圧入しました。
コイツはF側、R側共にインテーク.002”o.s エキゾースト.006"o.s
ROWE Ampco45 を使いました。

a0248662_33570.jpg

バルブガイドリーマーでリーミング後、ホーニングします。
バルブガイドクリアランスはIN側0.03mm EX側0.06mmぐらいにしました。
EX側はIN側に比べ熱を受け膨張する為、クリアランスを多く取っておきます。

a0248662_3103126.jpg

a0248662_3224667.jpg

バルブシートカットをします。
一般的にスリーアングルでカットします。
バルブとの当たり面は45度部分で、30度・60度をカットして、実際にバルブにあたる面幅や位置を調整します。
ハーレーの当たり面幅1.5mm。
バルブの当たり面は、バルブの熱をヘッド側に逃がす役目もしているので、排気側はこれより少し多めでも良いと思います。

a0248662_3375479.jpg

バルブコンパウンドを付け擦り合せです。
シート全周に擦り合せられてていればO.Kです。
バルブガイドがシート面に対し垂直に圧入されていれば楽に擦り合います。

a0248662_345513.jpg
a0248662_3461943.jpg

ちょっと解りずらいですが、つや消しになっているところ、当たり面です。
これでバルブスプリングを付ければ、バルブ回りは完成です。



出会いと別れのトリニティー(by 富成校長)

あのタイヤ交換でお馴染みの、Sさんが青森の実家に帰るそうです。
トリニティースクールに入る為、東京に出てきて7年。長いようで短い、短いようで長い時間がたったものです。
7年前といえば丁度、ハーレークラスを造っていたときですね。色々と想い起こされます。
通勤で使わず、年間1万キロ以上走るSさん。トライアンフは幸せです。
Sさん、またね。
a0248662_4162842.jpg


by sgf1906 | 2012-01-25 04:25 | 1971FLH1200 | Comments(2)
Commented by H・Dクラス壱期生 at 2012-01-27 00:56 x
Sさん、地元青森に帰られてしまうのですか!
東京に永住されるものと思っていたのに・・・

お元気で!!
Commented by くそのっぽ at 2012-01-27 22:16 x
青森はまだ徴兵制が残っているらしいですからね。しょうがない。


<< 1960 VELOCETTE ...      バルブスプリング 取り付け >>