Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 24日

バルブスプリング 取り付け

今日はショベルビッグツイン、バルブスプリングのお話。

バルブスプリングを取り付ける際、バルブスプリングの取り付け長を調整する必要があります。
特にツインエンジン(多気筒エンジン)の場合、それぞれシリンダーヘッドのインテーク側同士、エキゾースト同士で同じ取り付け長にします。
IN同士、EX同士で同じスプリング圧にしてやる訳です。

a0248662_2441034.jpg

バルブスプリングカラーUPPERです。
この車両には元々S&S製強力バルブスプリングが付いていました。それ用のアルミのアルミのカラー(写真右)
強度的に少し怖いので鉄製のものに交換します。
確かにこの車両にはハイカムが入っていました。

a0248662_2532396.jpg

バルブスプリングカラーLOWERです。
ショベルビッグツインには2種類のカラーがあります。
1979年以前(写真左)と1980年以降(写真右)。ヘッドの形状が違います。
この車両は1971年式ですが、ヘッドが加工され高年式の物が入っていましたが、問題なさそうなのでそのまま使います。

a0248662_333163.jpg

a0248662_344919.jpg

バルブインナースプリングだけ組みます。
それぞれのアウターバルブスプリングの取り付け距離を測ります。

a0248662_393753.jpg

実測後スプリングカラーLOWERの下に、シムを入れて調整します。
.015” .030” .060” 3種類の厚みのシムがあります。(このシムも前期用、後期用があります。)
取り付け長が長い方にシムを入れ縮めるわけです。

ちなみにマニュアル上のバルブスプリング取り付け長は34.9mmです。

by sgf1906 | 2012-01-24 03:28 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< バルブシートカット&すり合わせ      ヘリサート・ヘリサート・ヘリサート >>