2012年 01月 21日

1935VLD1200 トランスミッション バラシ2

ハーレーVLDトランスミッション、バラシの続きです。

カウンター側から抜いていきます。
a0248662_0351447.jpg

キック側にあるカウンターシャフトナットをとり、カウンターシャフトにマイナスが切ってあるので、回してやれば抜けます。
a0248662_0361064.jpg

a0248662_036266.jpg

軸受けは、お得意のバラ球ローラーベアリング。
ローラーサイズ、クラッチ側が0.152”×0.625”(21) キック側が0.250”×0.490”(12)
スラスト調整のシム(写真右)が入っています。

メインシャフトを抜きます。
a0248662_0521393.jpg

スターターロックナットをはずします。
溝を叩いてやって回して外します。特殊工具が欲しいですね。

a0248662_0534252.jpg

そうすると、スターターロックワッシャーが外れます。

a0248662_0524983.jpg

ボールベアリングハウジングを外します。
ケース側にねじ山が切ってあり、回してやると取れます。

a0248662_0543445.jpg

メインシャフトが抜けました。
ボールベアリングハウジングを回して、メインシャフトのスラストを調整する仕組み。
調整後、スターターロックワッシャー、スターターロックナットで位置を固定するのですね。

a0248662_118324.jpg

マインシャフトを抜いてしまえば、メインドライブギアは取れます。
ベアリングレースはアウター、インナー共に虫食いが酷く使い物になりません。
もちろんローラーベアリングも。ローラーサイズ 0.250”×0.490”(20)
メインドライブギアに付いている銅製のの物は、オイルリテーナーです。

a0248662_13458100.jpg

メインドライブギア、ベアリングレース(アウター)はケースを暖めて、ケースに開いている3つの穴に細い棒を突っ込み、叩いてやれば抜けます。

これで、トランスミッションのバラシは終了です。
全体的にベアリング関係は全滅。スライダーギアもギア自体が動いてギアチェンジするという構造上、やられていました。ケースも溶接跡が・・・。
カウンターシャフトギア、メインドライブギアが生きていたことは幸いでした。
カウンターシャフトギア(3つにギアが一体式の奴)が駄目だったら、どうなっていたことでしょうか・・・。



だがしかし寒いです。雪ですよ。雪。
僕は暑さには強いのですが、寒いと動く気がしなくなります。冬眠したい。
・・・・とも言ってられないので、作ってやったモク製品達にオイルスティンを塗りました。
a0248662_2122478.jpg

刷毛で塗った後、余計なオイルをウエスで拭き取ります。
物によってオイルステインを使い分けたりして・・・自己満足。
寒いため、締め切って作業してたせいでしょうか、ペイントうすめ液でチョイとトリップです。

by sgf1906 | 2012-01-21 02:21 | 1935VLD1200 | Comments(0)


<< 1968XLH900 ヘッド分解      1935VLD1200 トラ... >>