2012年 01月 11日

1971 FLH 1200 ロッカーアーム

僕は物覚えが悪い方の人間です。
そんな僕が何かを身につける為には、メモを一杯取ったり、反復してその作業を続けるしかありません。
知識や技術を自分のものにするのは大変です。

今回のショベルビックツインの生徒さんのIさんは、アイアンスポーツをトリニティーでレストアした卒業生でもあります。アイアンスポーツが出来た後、立て続けにビックツインを持ち込むという、内なる闘志を秘めた、知られざる変態です。


新しいブッシュを圧入後、リーミングします。
a0248662_2521027.jpg

a0248662_2522630.jpg

ロッカーアームシャフトは2点のブッシュで支持されます。
その為、2つのブッシュは一直線上で、真円でなければなりません。
ロッカーアーム用の長ーいリーマーで、ストレートリーミングします。
マニュアルでは0.013mm~0.051mmとなってます。
オイルが付いた状態で、ガタなくスムーズに動くところが良いでしょう。(0.02mm~0.03mm程度)

a0248662_3114992.jpg

ホーニングをします。
ブッシュの穴が鏡面状のままだと、オイルをつけたときに、張り付いた状態になり、動きが重くなります。
(例えば、二枚のガラスにオイル付けて合わせると、張り付いて取れません。)
ブッシュに細かい溝を作ってやり、オイルが流れるようにしてやります。

a0248662_3293158.jpg

ロッカーアーム、エンドクリアランスの調整。
シムで調整します。マニュアルでは、0.1mm~0.6mmとなっています。
今回は0.2mm~0.3mmにしました。

a0248662_3402339.jpg

ロッカーアームシム。
.005” .007” .015” 3種類の厚みがあります。

これでロッカーアーム完成です。


1977 XLH 1000
a0248662_3451339.jpg

Iさんが仕上げたアイアンスポーツ。
純正オプションのシーシバーが70年代の香りを運んできます。

by sgf1906 | 2012-01-11 03:50 | 1971FLH1200 | Comments(0)


<< 1971 FLH 1200 コ...      1968 XLH 900 バラシ >>