2012年 01月 09日

HARLEY-DAVIDSON 1935VLD1200 クランク分解

今日はクランク割りです。
まずは、スプリケット、ピニオンギアをとります。
a0248662_2354457.jpg

a0248662_2361732.jpg

共に正ネジ。

a0248662_2326328.jpg

ボルト2本、スタッドボルト5本をぬけば・・・

a0248662_23325771.jpg

クランクケース割り!

a0248662_23354774.jpg

a0248662_2336357.jpg

スプロケットシャフト虫食いが酷く、使い物になりませんね。
軸受けは、ローラーベアリング。 STDローラーサイズは、1/4”×.490”(24)
フライホイールシムでクランクのスラスト調整をします。
分解前の測定では、0.5mmもありました。

a0248662_2349830.jpg

ピニオンシャフトも駄目ですね。軸受けはブッシュで、その為、シャフト全体にわたって、やられています。
BSA A50もピニオン側がブッシュで、A50の時も泣かされました。
オイルポンプから圧送されたオイルは、ピニオンシャフトを通って、ビックエンドベアリングを潤滑しまが、ここがブッシュの場合、同士にピニオン側も潤滑しなければなりません。
その為、ここのブッシュにガタがあると、圧が抜け、ビックエンドに行くオイル量が減ってしまいます。
ここのクリアランスは適正にしなければなりません。
しかし、これだけ長い距離のブッシュです。ブッシュの芯がずれていたり、クランクの芯がずれていたりしたら抱きつきの原因になってしまうでしょう。
VLの問題点といえます。


最後にクランク割り!
a0248662_03546.jpg

a0248662_0351265.jpg

a0248662_0352657.jpg

思っていた通り、ビックエンドも駄目です。
ビックエンドローラーサイズは1/4'×.360'(24)、1/4'×.726'(12)

客観的に見るとまさに無残!でも、あの頃はそれでも楽しかったな。このブログを書きながら、あの頃の情熱が沸々と甦ってきました。
明日になったら忘れてると思いますが・・・。

次回はトランスミッションですかね。

by sgf1906 | 2012-01-09 01:00 | 1935VLD1200 | Comments(3)
Commented by H・Dクラス壱期生 at 2012-01-09 14:58 x
明けまして、おめでとうございます!
重ねてブログ立ち上げ、おめでとうございます!

今年もよろしくです。 更新は無理せず、続けてくださいませ~。
Commented by sgf1906 at 2012-01-10 00:10
H・Dクラス壱期生さん、明けましておめでとうございます。
今年こそはWLA。
あの頃の様に、青春十八切符。
Commented by HDクラス at 2012-01-10 23:49 x
君の18切符は復路用だよ・・・


<< 1968 XLH 900 バラシ      授業スタート >>