Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 26日

1964XLCH900 トランスミッション組み付け2

S君のアイアンスポーツ
ベアリング周り交換、シフターフォークの調整ごとが終わっていますので、ミッションの本組み。

a0248662_9465875.jpg
a0248662_9471594.jpg
a0248662_9473011.jpg
a0248662_9474192.jpg

まず仮組みして、メインシャフトのスラスト量、シム調整。
シムの厚みを変え0.1mm程度のスラスト量に。


a0248662_9475799.jpg
a0248662_948137.jpg

カウンターシャフト側もシム調整し0.2mm程度に。


a0248662_9483815.jpg
a0248662_9485439.jpg

a0248662_949119.jpg

a0248662_9492841.jpg

随分とガタがあったシフターシャフトブッシュはシャフト、カバー側にあわせブッシュ製作。
擦り合わせをして取り付け。



a0248662_950470.jpg
a0248662_9501758.jpg

スラストチェックも終わり本組み。
この年式の車両のクラッチギアにはクラッチギアエクステンッション(プッシュロッドシールとクラッチハウジングのOリングがつく)がつきますので、圧入。
また、カウンターオイルプラグ(穴位置を上に)を圧入し組み付け。

a0248662_9503118.jpg

スプロケットナットをトルク管理し取り付け、ミッション周り終わりです。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-26 10:03 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 24日

1964XLCH900 オイルポンプ・バルブタイミング

a0248662_8562917.jpg
a0248662_8572462.jpg
a0248662_8574366.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
まずはオイルポンプ。
オイルポンプギア・オイルポンプボディーの内壁も傷無く問題なし。
ギア面とボディーの面の隙間をチェックしチェックバルブの当たりっぷりも光明丹でチェック。



a0248662_8584587.jpg

オイルポンプギアをまわしながら、規定トルクで均等締めしていき、オイルポンプの回りっぷりチェック。
アルミボディーのポンプは歪みで締めっぷりにより動きが渋くなるものがありますが、こいつは問題無し。


a0248662_859827.jpg

a0248662_8594572.jpg

a0248662_8592843.jpg

オイルを通しオイル流れっぷりチェック。
ビッグエンド側、ヘッドロッカー側、リターン側ともに問題なしでO.K




a0248662_982195.jpg

a0248662_971192.jpg
a0248662_974133.jpg

オイルポンプも本組みし、ここからはバルブタイミングのお話。
この車両の#1カム(リア・EX側)のカムにはタイミングマークかついておらず、消えそうなマジックで印がついていましたので、バルブタイミングのチェックをします。
そのため、R側のシリンダー、ヘッド、プッシュロッド周り仮組み。

a0248662_984954.jpg
a0248662_99765.jpg

ちなみに、900ccのアイアンの点火タイミングマーク(棒線)位置は上死点前45度、もちろんハーレーは45度Vツインなので、リア側の上死点位置は棒印の位置になります。


a0248662_910024.jpg
a0248662_91022100.jpg

タペットアジャスタースクリューは9/32”-32山
32山なので1周で0.8mm、1/2周で、0.4mm、1/4周で0.2mm動くことになります。
バルブタイミングのチェッキングクリアランスは1.35mmなので、アジャスターを調整しチェッキングクリアランスに。


a0248662_9103897.jpg

a0248662_9381423.jpg


Pカムのカムタイミングは
INオープン 上死点前34度 INクローズ 下死点後40度
EXオープン 下死点前43度 EXクローズ 上死点語31度

チェックし数値的に問題なくO.K
印を新たにつけカムタイミングチェック終わり。


a0248662_9111563.jpg
a0248662_9113290.jpg

というわけで、タイミングギア周りも本組み。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-24 09:40 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 23日

1964XLCH900 クランクケース組みつけ

a0248662_8561015.jpg

今日はS君のアイアンスポーツのお話。
クランク芯だし、ピニオンシャフトベアリングレースのラッピングも終わり、クランクケースを組み付け。


a0248662_8565286.jpg
a0248662_8572647.jpg

a0248662_8573775.jpg
a0248662_8575278.jpg

ケース周りの修正ごとから
クラックが入っていたクランクドレンボルト部はクラック部溶接し、ボール盤にセットし座面だし面研とともにヘリサート加工。


a0248662_8581179.jpg
a0248662_8582460.jpg

a0248662_8583844.jpg

座面部の状態が良かったT/M側は元螺子山で位置を取りヘリサート加工。


a0248662_8585565.jpg
a0248662_859799.jpg
a0248662_85918100.jpg

ドレンボルトは真鍮で製作。

a0248662_8595382.jpg

ワンウェイバルブであるトランスファーバルブは駄目になった際、組んである状態で抜き取るのが大変なので今のうちに、抜き取りプラグ製作。ミッションブレーザーは別のところからとります。


a0248662_90115.jpg
a0248662_903690.jpg

a0248662_905289.jpg
a0248662_911555.jpg

0.15mmもガタがあったスプロケットシャフトベアリングレース受け部は真円加工後、レース外輪を溶射・肉森・研磨しています。
ケース暖め圧入。

a0248662_925423.jpg
a0248662_93345.jpg

a0248662_942220.jpg

スプロケットシャフトベアリングのスラスト量をチェック後、ベアリング圧入。


a0248662_943755.jpg

a0248662_945077.jpg

ピニオンシャフトベアリングはラッピングしたレースにあわせオーバーサイズベアリングをいれクリアランス調整。
液体ガスケットをつけクランク組み付け。


a0248662_97670.jpg
a0248662_972815.jpg

というわけで、次回オイルポンプ周り、タイミングギア周り組み付けとなります。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-23 09:28 | 1964XLCH900 | Comments(0)
2017年 05月 22日

1943WLC750 T/Mクラッチギア周り

今日はHさんのWLのトランスミッション、クラッチギア周りまとめブログです。

a0248662_8161469.jpg

まずはクラッチギアブッシュ抜き取り計測。
クラッチギアブッシュはリプレイス品が使えそうなので、単品製作せずに使います。


a0248662_817679.jpg
a0248662_8172115.jpg

a0248662_8174529.jpg

とわいうものの、内径はシャフトよりも小さめに作られているので、専用生爪にブッシュを銜え内径拡大。クラッチギアに圧入し縮む分も考え、シャフトに対し0.05mmのクリアランスに。



a0248662_8181659.jpg

a0248662_8212015.jpg
a0248662_8213651.jpg

クラッチギアにブッシュ圧入。
シャフトとブッシュのクリアランスは良いがメインシャフトクラッチギア摺動部が一部段磨耗していましたので、旋盤に銜え研磨し、ガタなく入るように。

a0248662_823521.jpg
a0248662_824325.jpg

a0248662_8243233.jpg

こちらはクラッチギアのベアリングレース。
スラスト側に虫食いがあったレースは新品に交換。
もともとのレース抜き取り、計測。
新品レースとの嵌め代は0.05mmで良好。圧入しレース内径は役0.02mm程度縮む。

a0248662_8244844.jpg
a0248662_8245930.jpg

クラッチギアベアリングレースラッピング工具は市販されていなかったので製作しました。
詳しくはこちらへ



a0248662_8251569.jpg

a0248662_8255788.jpg

a0248662_8253368.jpg
a0248662_8262080.jpg

ベアリングレースラッピング。
ラッピングし0.02mm程度内径拡大し、新品STDローラーを入れクリアランス0.03mmに。
というわけでクラッチギア周りO.K







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-22 08:46 | 1943WLC750 | Comments(0)
2017年 05月 21日

土曜日の授業風景


1968BSA A65

a0248662_793937.jpg

a0248662_7101244.jpg

a0248662_7103065.jpg
a0248662_7105675.jpg
a0248662_711731.jpg
a0248662_7112462.jpg
a0248662_7115027.jpg
a0248662_712651.jpg


NさんのBSA A65
シリンダーのスタッドを外しヘッド面面チェック・研磨しボーリング加工の準備。
オイルポンプチェック。
69年以前のBSAのオイルポンプはアルミボディーで70年以降の鉄ボディーのものと比べ動きが悪い。分解し、ギア・ボディー内壁、ギアのでっぷりをチェック。
位置決めピンが無いこの年式のポンプは左右ボディーの連結ボルトの締めっぷりでギアの回りっぷりが変わるので良く回るところでポンプボディーのボルトを締め付け。
ケースとの合わせ面面研しケースに取り付け、規定トルクで締め付けまわりっぷりチェック。








1967TRIUMPH TR6

a0248662_7123954.jpg
a0248662_7125420.jpg
a0248662_7131448.jpg
a0248662_7133271.jpg
a0248662_7134684.jpg
a0248662_7142353.jpg

a0248662_7143746.jpg

a0248662_718433.jpg


Oさんのトライアンフはエンジン周りの螺子修正。
螺子表とにらめっこをしつつタップダイスを使い螺子修。
エンジン腰した周りすべてチェックした後、駄目だったねじ山はヘリサート加工。ボール盤にケースをセットし下穴開け、タップたて、コイル挿入。
プライマリー側の螺子山はほぼ全滅でOさん自らボール盤セットし初めてのヘリサート加工でした。







1978TRIUMPH T140

a0248662_7152877.jpg
a0248662_7154733.jpg

a0248662_7163247.jpg
a0248662_7165172.jpg

a0248662_7161026.jpg

a0248662_7185312.jpg

a0248662_719623.jpg

a0248662_7194998.jpg
a0248662_7212727.jpg



Tさんのトライアンフは車体周り分解。
フレーム単体にして清掃後、サンププレートを抜くと結構なスラッジ。
フレームがオイルタンクになっているオイルインフレームなので、フレームオイルタンク部に灯油をいれ2人がかりでシェイクし清掃。まぁ寸胴形状のオイルタンク部なので、余計なところにスラッジが溜まらず、下部のフィルターにスラッジがたまるので、オイル管理は楽かもしれません。
ネック分解。ベアリングレースは少々やられているのでベアリング交換。
スイングアームのスリーブとピボット部ブッシュ計測。
クリアランス0.05mm~0.06mmと状態良し。
固着していたブレーキキャリパーのピストンを抜くのに苦戦。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-05-21 07:54 | その他 | Comments(0)