「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
2016年 08月 29日

土曜の授業風景



1971 BSA A65


a0248662_13512238.jpg
a0248662_13514719.jpg

a0248662_13523614.jpg


a0248662_1354193.jpg

a0248662_13564552.jpg

a0248662_13571587.jpg

a0248662_13584564.jpg

a0248662_1402837.jpg



久しぶりに登場のBSAのTさん。
随分久しぶりなので、どこまで作業が進んでいたか思い出しつつ進めていきます。
まずはクラッチセンターを規定トルクで締め付け、クラッチプレーと取り付け。
純正はスチール、フリクッシンディスクともに6枚づつでありますが、Tさんが所有していた新品フリクッションディスクは7プレートのもの。6プレートのものよりフリクッシンディスクの厚みが薄く、1枚多く入れることでフリクッションとスチールディスクの接触面積を増すというもの。(クラッチが滑りづらくなる)このプレートの良し悪しは解りませんがとりあえず付けてみます。
オルターネーター取り付け、ローターとステーターの隙間チェック後、ローターボルトを規定トルクで締め付け、プライマリー周りO.K


ボーリング加工済みのシリンダーをピストンリングギャップ、クリアランス確認後、取り付け。
シリンダーベースナットを規定トルクで締め付け、今日はここまで。







1976XLCH1000

a0248662_1404890.jpg

a0248662_1411657.jpg
a0248662_1413825.jpg


Z君のアイアンスポーツは引き続き外装周りの加工・製作作業。
今回もTRUE CLASSICのDAI君に出張してもらい、フェンダー周りの取り付けステー製作、取り付け作業。
まだまだ時間がかかりそうですな。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2016-08-29 14:31 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 28日

土曜日の授業風景


1970XLH1000

a0248662_1525423.jpg
a0248662_153698.jpg

a0248662_1532183.jpg
a0248662_1533866.jpg
a0248662_1535075.jpg
a0248662_154283.jpg
a0248662_1541627.jpg


Tさんのアイアンスポーツはオイルポンプ周りの仮組み。
錆びていた鉄製のインナーカバー、アウターカバーを錆び取りし、ボディー面からのギアのでっぷりチェック。
この年式のアイアンのオイルポンプガスケット薄い0.1mmmの紙ガスケットでこの厚みがボディーとギアのクリアランスとなります。
位置決めのダウエルピンがついているものの、取り付け時にボディーが少々動くので、ブリーザーバルブギアをまわしながら、ギアに変な抵抗がなく回る位置でマウントナットをトルク管理し締め付け。
一部ギアにバリがあり、動きが渋かったので修正し、ブリーザーバルブギアがスムーズに回るところで組み付け。
ホースをつけオイル流れっぷりチェックO.K。







1970TRUMPH TR6


a0248662_155177.jpg
a0248662_1553221.jpg
a0248662_1555166.jpg
a0248662_156515.jpg

トリニティー卒業生Nさんのトライアンフ。
調子は絶好調なのですが、一部メカノイズが気になとのこと。しかも3速で走行中に音が鳴るというので、ミッションを分解し確認することに。メカノイズというものは一回気になると、耳で追ってしまうのでどうしようもありません。とにかく一回確認し問題なければ安心できるということで分解してみると、本当にギア欠けしていました。さすが長年乗っている車両、変化にスグ気づいてしまうのですね。
欠けていたギアはレイシャフトのハイギア。すぐさまトラヴィスさんに注文し今日はここまで。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2016-08-28 02:18 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 27日

1976FX1200 タイミングギア周り(ピニオンシャフト)

突然ではありますが、VMSレストアスクールの営業曜日・営業時間をお知らせします。
レストアスクールは月・火・水・土・日曜日のA.M10:00~P.M6:00営業。
また有難いことに修理依頼も頂いてまして、月・火・水曜日のスクール終了後と木・金曜日に修理と生徒さんの単品製作物や加工物の時間にあてています。

レストアスクールの見学は随時受付していますので、何時でもご連絡ください。

というわけで今週も木・金曜日と作業をしていたのですが、木曜日から腰のほうが調子がおかしい・・・。
金曜日の朝にはベットから起き上がるときにはコリャヤバイなと。
とりあえず作業をしていたのですが、知らないうちに前かがみのおじいちゃんスタイルとなっていました。
作業を早めに切り上げ、接骨院に行きましたが、明日もまずいかもしれません。
土・日曜日に来る生徒さんにはご迷惑をおかけするかも知れませんが、明日も営業しますのでよろしくお願いします。




今日は熊本からエンジン持込のK君のショベルヘッド、ピニオンシャフト周りのお話です。


a0248662_0254415.jpg

a0248662_0260100.jpg

ピニオンシャフト、ベアリングレースともに虫食いが酷かった車両。
ピニオンシャフトはJIMS製の新品に交換。
レースはとりあえずラッピングし、虫食いがとりきらなければレース交換となります。



a0248662_0261962.jpg
a0248662_0263365.jpg
a0248662_0264450.jpg
a0248662_027119.jpg

ケースをあわせ左右ケースのラインが出ている状態でラッピング。
もともとのレース径が44.49mmだったのに対し虫食いがなくなったのが44.58mmで0.09mmラッピングしています。本当一日作業です。
社外パーツメーカーで出ているMAXオーバーサイズローラー.002”o.s(6.41mm)でJIMS製ピニオンシャフトのローラー受け部分の径は31.75mm。
ローラー径に合わせクリアランス調整しレースを44.595mmまでラッピングしクリアランス0.025mmに。




a0248662_030533.jpg

a0248662_0311879.jpg

a0248662_0314688.jpg

ピニオンシャフトブッシュはケースブッシュホール径、ピニオンシャフト径に合わせ製作。
オイルの逃げ、ダウエルピン加工をしカムカバーに圧入。



a0248662_0273064.jpg

a0248662_0274655.jpg
a0248662_0275886.jpg
a0248662_0281441.jpg
a0248662_0282656.jpg
a0248662_0283829.jpg

JIMS製のラインリーミング用のリーマー冶具(ほのかにテーパーになっていて、ピニオンシャフトベアリングレースに軽圧入する)は、MAXサイズまで広げたレース径に対応できずスッポリ入ってしまいます。
これでは冶具になりませんので、冶具製作。
テーパーは0.1度以下、受けるリーマーにガタがないように。



a0248662_029144.jpg

a0248662_0291737.jpg
a0248662_0293649.jpg

a0248662_0324999.jpg

というわけで、ラインリーミング。
しかしながら、ピニオンシャフトを通すと少々渋い。中古ピニオンシャフトを使いラッピングし、ガタなくスムーズに。
ホーニングしブッシュ周り完成。



a0248662_0295821.jpg

a0248662_0301226.jpg

カムギア、ブリーザーギア、ピニオンギア取り付け、クルクルチェック。
問題なくスムーズに周り、タイミングギア周りの作業O.Kです。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2016-08-27 01:15 | 1976FX1200 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 25日

火・水曜日の授業風景

火・水はK君、E君ともに2日連続での授業。
やはり連日で作業できると集中して進めることが出来ますね。




1976FX1200

a0248662_1475175.jpg
a0248662_148936.jpg

K君持込のショベルヘッドエンジン
まず、コンロッドのビッグエンドベアリングレースラッピング、ローラー合わせ、コンロッドスラストベアリング選出クリアランス調整、スモールエンドブッシュ交換が終わっていますので、クランクの芯だし作業。
2台目のクランク芯だし作業なので、大分勝手が解ってきたようです。



a0248662_1504336.jpg

a0248662_1505533.jpg

a0248662_154310.jpg

Dサイドクランクシャフトテーパーベアリングのスラスト量をシム調整し、組み付け。



a0248662_151249.jpg

a0248662_1513750.jpg
a0248662_1515695.jpg
a0248662_1521111.jpg

a0248662_1532470.jpg

オイルポンプはS&S製のものを使います。
この年式のケースにS&Sのポンプを使う場合、リリーフバルブのオイルの逃がし穴を開ける必要があります。(ギアケース内に逃げる)冶具を使い穴加工。このあたりのお話はまた詳しく次回に。
ギアのでっぷりチェックし組み付け、回りチェック。


a0248662_1555033.jpg

a0248662_1561181.jpg

クランクケースを組み付け、オイルポンプ、タイミングギア回りを組み付けてVMSでの作業はここまで。
後は熊本で、オイル回りチェック後、エンジン腰上組みつけ作業ということになります。
K君、五日間お疲れ様でした。またご連絡ください。







1965TRUMPH TR6

a0248662_1565514.jpg

a0248662_1572032.jpg

Eくんのトライアンフはエンジン腰下組みつけ作業。
本組みする前にオイルシール関係、ギアボックッスのハイギア、スプロケットを取り付けておき、組み立て。


a0248662_203790.jpg

a0248662_1575991.jpg

タイミングギア回り、オイルポンプを組み付け、オイルの回りっぷりチェック。


a0248662_1582366.jpg

a0248662_1584219.jpg

a0248662_1591884.jpg

a0248662_1593023.jpg

エンジンをフレームに搭載し、ギアボックッス組み付け。
カムプレートオペレーティングクアドラント(イチョウの葉みたいなギア)に位置決めに苦戦しつつ、何回も組み付けし、エンジン搭載時でのギアボックッスの組み立てマスターしました。
というわけで次回プライマリー回り。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2016-08-25 02:38 | その他 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 23日

1976FX1200 タイミングギア周り(カムシャフト)

今日はKくんのエンジン持込ショベルヘッドのタイミングギア周りのお話。

a0248662_858827.jpg

a0248662_8583890.jpg

a0248662_8582470.jpg

段つきに磨耗してしまっていたカムシャフトのカムカバー側軸受け部分、芯をチェックし段つき部分を切削。
段つきがなくなった状態で25.32mm。0.1mm程度切削しています。


a0248662_8594440.jpg

a0248662_90642.jpg

a0248662_904694.jpg

a0248662_92762.jpg


加工したカムシャフト径にあわせブッシュ製作。
ダウエルピン穴加工しカムカバーに圧入。


a0248662_923347.jpg

a0248662_925295.jpg

カムシャフト径が変わっていますので、専用リーマーは使えません。
サイズに合わせラッピングロッドを製作し、クランクケース、カムカバーをあわせラインが出ている状態でラッピングしクリアランス調整し、カムシャフトがクルクル回るように。

a0248662_931322.jpg

a0248662_933388.jpg

シム調整してカムシャフトスラスト量0.17mmに。

というわけで次回はピニオンシャフト側のお話となります。





レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2016-08-23 09:25 | 1976FX1200 | Trackback | Comments(0)