Vintage motorcycle study

studious1.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 19日

日曜日の授業風景

1980XLH1000

a0248662_22252267.jpg

a0248662_22253138.jpg

a0248662_22375021.jpg

a0248662_22254116.jpg


Iさんのアイアンスポーツ
フルトラが付いていたサーキットブレーカー周りは機械式ポイント点火に変更取り付け。
スターター周りのケーブルは長さを合わせ製作・取り付け。
スピード・タコ周りの配線を終わらせたら、配線作業終わりです。







1985FXEF1340

a0248662_22274618.jpg
a0248662_2228186.jpg
a0248662_22281558.jpg

a0248662_22283067.jpg

a0248662_22284385.jpg


Tさんの4速エボ
パウコ製のスプリンガーを取り付けるべくなんやかんや。
リジットフォークに圧入されたいるはずのステムシャフトは手スポでイモネジで固定されている。
またトップツリーとステムの位置が合わず、ステム位置の帳尻合わせをして、リジットフォークにステムをロウ付けする必要があります。
ロッカーアームブッシュはナイロン的ブッシュであり、スタッドと溶けるように一体化しているものもありで、ブッシュは単品製作します。
ともあれ、パウコ製のスプリンガーは作りが良くないです・・・。







1974XLH1000

a0248662_2235149.jpg

a0248662_22352730.jpg

a0248662_22353747.jpg

a0248662_22355785.jpg


K君のアイアンスポーツ
カウンター1STギアのシム調整、カウンターシャフトのスラスト調整も終わり、メインシャフト側に。
メインシャフトスプロケット側のベアリングローラーは一個足りなかった(23個入り)ためSTDサイズローラーを新たに入れ、レース径は問題なしでクリアランスは0.04mm。
クラッチギア側のベアリングも交換。
メイン側もスラストチェックし問題なし。
T/M本組みでプライマリー周り本組み。ここでVMSでの作業はこれで終わり。








a0248662_22192588.jpg
a0248662_22193559.jpg


花咲G投入のため珍しく日曜日に登場のMさん。
寒い中お外でジャブジャブ。





a0248662_2219518.jpg
a0248662_22201517.jpg
a0248662_22202740.jpg
a0248662_22204594.jpg


卒業生F君はスターハブのスラストが大分大きくなったとのことでタイヤ持込。
原因はラージベアリング側のリテーニングリングが磨耗しスタッパー部分が大きくなり、スラスト量が増えたようです。リテーニングリング交換し新たにスラスト量調整し組み付け。













レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-11-19 23:33 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 18日

土曜日の授業風景

1968 BSA A65

a0248662_22195466.jpg
a0248662_2220414.jpg
a0248662_22201747.jpg

a0248662_22202977.jpg
a0248662_22204213.jpg


NさんのBSA
サイドカバーのマウント問題も一段落し配線作業へ。
ハイテンションコードは長さを合わせ製作。
また、エレクトリックレギュレーター・ペイゾンのフルトライグニッションを使うため、モジュールとレギュレーターのマウントステー製作。
A65は思いのほか置けるスペースが少ないですね。










1978TRIUMPH T140E

a0248662_22132896.jpg
a0248662_22133971.jpg

a0248662_22135122.jpg
a0248662_22141471.jpg

a0248662_22143568.jpg
a0248662_22145329.jpg

a0248662_2215155.jpg
a0248662_2215253.jpg


Tさんのトライアンフ
まずは清掃作業・化粧直しが終わった、リアブレーキ周り取り付け。
トラのリマブレーキマステー周りはなかなか取り付けが面倒。エンジンマウントステーとリアペダルシャフトとマスターシリンダーが共止め的になっています。
リア周り取り付け、フロントブレーキのブレーキホースを長さを合わせ製作。
エア抜きをしフロントブレーキ周り終わり。






1984FXS1340

a0248662_2244494.jpg
a0248662_2245563.jpg
a0248662_225641.jpg
a0248662_2251832.jpg
a0248662_2253256.jpg
a0248662_2254443.jpg
a0248662_2255587.jpg
a0248662_226473.jpg
a0248662_2262130.jpg
a0248662_226301.jpg
a0248662_2264577.jpg
a0248662_2265432.jpg


Sさんのショベルヘッド
フロントブレーキローターとキャリパーマウントの干渉問題も問題なく、OH済みのキャリパー取り付け。
ハンドルを交換したので、長くなったハンドルに合わせブレーキホース製作。オリーブの取り付けが少々面倒。エア抜きをしてFブレーキO.K
スロットルケーブルも長くなったハンドルに合わせ製作。
スロットル側のアジャスターは元々ついていたものを分解し使います。
まずはアウターケーブルの長さを決め、インナーケーブルの長さを仮組みをしてあわせます。
太鼓を板金半田で取り付け完成。
ブレーキホース・スロットルケーブルともに長さを合わせ気持ちが良いです。

# by sgf1906 | 2017-11-18 22:45 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 16日

火・水曜日の授業風景


1946WR750

a0248662_283464.jpg
a0248662_285549.jpg



MさんのWR
清掃作業が終わったオイルタンクを取り付け。帳尻合わせ的についていたオイルタンクは取り付けに苦労しつつ、シートマウント、Rチェーンガード、Rフェンダー取り付け。
次回は新たに取り付けたサイクルスタンドのマウントを製作しなければ。










1976FXE1200

a0248662_292499.jpg
a0248662_293550.jpg
a0248662_295060.jpg

a0248662_2132368.jpg
a0248662_213359.jpg
a0248662_2134467.jpg
a0248662_2135596.jpg
a0248662_214870.jpg
a0248662_2141951.jpg


Hさんのショベルヘッド
エンジン分解・計測作業が終わりトランスミッションの分解作業へ。
メインシャフトはメインドライブギア摺動部、キックラチェットギア摺動部ともに段減りしています。特にハイギア側は0.06mmも段べりしているためメインシャフト交換します。
アンドリュース製に変えられていたメインドライブギアブッシュとクラッチギアブッシュは新たに使うシャフトに合わせブッシュ調整。
カウンターシャフト側もカウンターシャフトのベアリング軸受け部、カウンターシャフトギア(3rd/4thギア)のベアリング軸受け部は虫食いがあり、残念ながら交換。
メインドライブギアベアリングレース・シフター周りは問題なし。
キックシャフトの減りっぷりは問題ないものの、ブッシュは随分減っていますので交換します。
ミッション周りの計測作業は終わり、簡単な螺子講義後螺子修正作業へ。











1940WL750


a0248662_2143919.jpg
a0248662_2145016.jpg
a0248662_2151198.jpg

a0248662_215258.jpg

a0248662_217425.jpg

a0248662_2183111.jpg
a0248662_2184685.jpg
a0248662_21985.jpg
a0248662_2191939.jpg


a0248662_2194756.jpg
a0248662_220189.jpg

a0248662_2201976.jpg




熊本のI君は火曜日から授業開始。
この車両はI君が現地アメリカで買いつけそのままアメリカ横断、いや往復した車両であります。
男の子なら一度は夢見る大冒険でありますが、私には出来ません・・・。
大陸を1600Km以上走った車両の中身はいかに。
走行中どんどんバルブシートが減り圧縮がなくなったというバルブ回り、F・EXは随分シートが沈みタペットアジャスアー部がなくなっています。
一応現状の圧縮比を測ってみる。バルブが下がっているF側は圧縮比3.8対1と大分やられていますね。
またヘッドマウントは3/8”スタッドがついています。
今までうちでやってきたアルミヘッドのヘッドボルトは7/16”、3/8”のスタッドは鉄ヘッド用のもののようです。で鉄シリンダーに鉄のスタッドボルトで固着したスタッドを抜き取るのに苦労しました。
シリンダー抜きとりピストン・シリンダー計測0.3mm以上のガタにI君も一瞬混乱、バルブガイドとステムのガタもEX側最大値で0.4mm以上となかなかのものです。
一番問題のバルブシートに減り。
WLバルブ突き出し量のちゃんとしたデータ持ってませんので正解がわかりませんが、現状での突き出し量を見てみると、数値が小さいところと比べ、シートが減っているF・EXは4mm以上下がっています・・・。もちろんバルブシート打ち変えが必要ですが、突き出し量を考える必要があります。
タイミングギア周り分解。タペットローラーもなかなか見ない減り方で、色々とドラマがありそうです。










レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-11-16 11:55 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 14日

月曜日の授業風景

1937EL1000

a0248662_8294283.jpg

a0248662_8301310.jpg

a0248662_8303038.jpg
a0248662_831335.jpg
a0248662_8312527.jpg
a0248662_8315297.jpg


1939ELオープンロッカー化は一段落し、1937ELを進めて行きます。
30年代のフレームさんのネック周りを計測し、ネックカップ外輪切削加工しフレームにネックカップ圧入。
途中で止まっていたギアボックスの組み立て開始。










1979FXS1200

a0248662_832917.jpg
a0248662_832279.jpg

a0248662_833060.jpg


S君は1964XLCHのスプロケットシールをサンダンスの良品シールに交換。
その後引き続き1979年ショベルのショベルシートカット。










1976FXE1200

a0248662_833208.jpg

a0248662_8333714.jpg

a0248662_834671.jpg
a0248662_8342512.jpg


Hさんのショベルヘッド。
クランク分解前に現状の芯の振れっぷりチェック。振れっぷりは0.05mm~0.08mm
ピニオンシャフトベアリング軸受け部は残念ながら虫食い有り。
コンロッドビッグエンドベアリング・スモールエンドブッシュ。
ピニオンシャフトベアリング・ピニオンシャフトブッシュ、カムブッシュと計測。
清掃作業し、エンジン回りの分解・計測作業終わり。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-11-14 08:48 | その他 | Comments(0)
2017年 11月 13日

日曜日の授業風景



1948WL750


a0248662_8193373.jpg
a0248662_8194825.jpg

a0248662_8203295.jpg
a0248662_8205553.jpg
a0248662_821828.jpg
a0248662_8213137.jpg
a0248662_8214296.jpg


MさんのWLはT/Mの4速化計画中
ありもののスラストワッシャーではクラッチギアのスラスト、3速ギア(3速ミッションでは2速)のスラスト量の調整が出来なかったので、4速1STギアの位置につけるスラストワッシャーを製作し、それぞれクラッチギア、3速ギアのスラスト調整。
カウンターシャフト側もローラー選定。メイン・カウンターともに左右ローラーサイズが違い寸法を出すWLのミッションはローラー管理で混乱します。
メイン・カウンター組みつけ、シフター回りの作業に。
シフター周りもなんやかんやありそうです。









1976FXE1200

a0248662_8221217.jpg
a0248662_8222464.jpg
a0248662_8224166.jpg
a0248662_8225651.jpg
a0248662_823836.jpg

a0248662_823346.jpg
a0248662_8234767.jpg
a0248662_824033.jpg



Hさんのショベルヘッド
今日はエンジン腰下の分解作業となります。
まずはタイミングギア周りから分解。カムシャフトはすべてのカム部分に虫食いがあり交換決定。
ブレーザーギアは問題なし。
オイルポンプはマウントボルトをオーバートルクで締め付けていたのか、クランクの回りが渋くなるぐらい、オイルポンプの回りがキツイ。
オイルポンプボディーの内壁はフィード・リターンともに傷あり・・・。
ケースも分解し。次回クランク回りの分解と計測作業となります。








1974XLH1000


a0248662_8242177.jpg
a0248662_8244180.jpg
a0248662_8251546.jpg
a0248662_8253738.jpg
a0248662_82556100.jpg


以前うちでエンジン腰上のOHをしたK君のアイアンスポーツ。
今回はミッション回りで気になることがあるということで部分修理。
問題点①はアイドリング中にプライマリー回りからの音が気になるということ。
これはチェーン自体の消耗ガタとチェーン遊び調整によるもので問題なし。
問題点②たまにキックギアが抜けるということ。
ギアの噛み合いチェックをし問題は無さそう。ラチェットギアのブッシュのガタもそれほどなので、ラチェットギアの押しスプリングを良品に変えれば良いでしょう。
問題点③は1速ギアに入れるときにカンカンカンとドッグギアがあたる音がするというもの。
ミッション分解し1速ギア位置をチェック。
ニュートラル状態で、1STギアのドッグ部分と3RDギアが干渉していました・・・。
シムの厚みを変え1STギア位置を適正のところに調整。
1STギア位置が変わればカウンターシャフトのスラスト量も変わるのでスラスト調整。











レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

東京都足立区入谷1-22-14 グリーンハイツ
sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-11-13 08:50 | その他 | Comments(0)