2017年 01月 21日

1976XLCH1000 外装周り

今日はZくんもアイアンスポーツ、外装周りのまとめ的お話。


a0248662_8394277.jpg


a0248662_839861.jpg
a0248662_8392165.jpg

オイルタンクは純正タンクを徹底清掃後取り付け。
上下ステー製作し取り付け。

a0248662_8395677.jpg

a0248662_840765.jpg

60年代のフレームに70年代のエンジンが付いているため、フットペグがすんなり付かない。(もともとちゃんと留まっていなかった)
フットペグを熱し曲げ位置を出し取り付け。


a0248662_8402322.jpg
a0248662_840373.jpg
a0248662_840491.jpg
a0248662_8411760.jpg
a0248662_841284.jpg

オーナーZ君が持ち込んだシーシーバーももちろんポン付けができず、単品加工(ほぼ製作)しフェンダー位置を合わせ取り付け。また、マフラーも位置あわせステー製作し取り付け。
シーシーバーにフェンダーステー、リアサイレンサーステー、テールランプ、ナンバーマウントを取り付け。
このあたりの作業はすべてTRUE CLASSICさんに出張してもらいやってもらいました。カスタムのご用命はTRUE CLASSICさんまで。


a0248662_8563375.jpg

a0248662_8415369.jpg

状態が酷く新品に交換したスプロケットカバーはチェーンを取り付けると干渉。
干渉している部分を削り取り付け。


a0248662_8432035.jpg

a0248662_8443240.jpg

a0248662_8433178.jpg

a0248662_8445135.jpg

ライトサイドマウント部の長さがおかしかったフロントアクスルシャフトは旋盤講習も兼ねピッタリカラーをZ君が製作。



a0248662_8451042.jpg

外装周りの作業も終わり、お車検業務。
無事車検も通り、試乗し膿みだし作業となります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-01-21 09:05 | 1976XLCH1000 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 19日

1976XLCH1000 車体周り

今日はZくんのアイアンスポーツのお話。
実は今日Z君のアイアンスポーツは車検取得しました。
しかしながら、ブログではそこまで話が進んでおらず・・・今日は車体周りのまとめ的ブログです。


a0248662_22315017.jpg

a0248662_2232653.jpg
a0248662_2232179.jpg

ネックベアリングは段つき磨耗していたインナーレース交換、ボールも交換し取り付け。


a0248662_22324118.jpg
a0248662_22325542.jpg
a0248662_223394.jpg

フロントフォークはシール交換し、+4”のインナーチューブに交換し組みつけ。


a0248662_2234519.jpg

a0248662_22334883.jpg

a0248662_22351252.jpg

フロントホイール周り。リアホイールは以前ブログにアップ済み。
リム組みをして、振れとり。 テーパーベアリングは交換しシムえを使いスラスト量調整。



a0248662_22353245.jpg
a0248662_22354586.jpg

a0248662_22355975.jpg

ホイールをフレームにつけホイールのセンターだし。


a0248662_2237422.jpg

a0248662_2238982.jpg

ガタが多く酷かったサイドスタンドは交換。
タイヤをつけローリングシャシーに。

a0248662_22383119.jpg
a0248662_22384516.jpg
a0248662_2239377.jpg

a0248662_22391719.jpg
a0248662_22392810.jpg

フロントブレーキキャリパー分解清掃し、シール交換。
74年から76年まで使われているこのキャリパーのブレーキパッドはリベット止め。
リベットをもみ抜き取り新たにパッド取り付け。


a0248662_22394357.jpg
a0248662_22395513.jpg
a0248662_22401377.jpg

長いフォーク、長いハンドルにあわせ、ブレーキホース製作。
マスターシリンダーはグリメカに中古をオーバーホールし使用。


a0248662_22404634.jpg

a0248662_2241935.jpg

a0248662_22413088.jpg

リアドラムはもともと付いていたものは歪んでいたので新品に交換。
ブレーキシューも張替え済み。
ブレーキクロスシャフトはフレームリアエンド側がリジットなので加工し取り付け。
また、ブレーキロッドもリジットのためブレーキアームをオフセットさせ取り付け。


というわけで今日はここまで。たぶん明日もZ君ネタだと思います。









レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-01-19 23:04 | 1976XLCH1000 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 18日

1964XLCH900 分解作業その2

今日はSくんのアイアンスポーツ分解・計測のお話。


a0248662_011225.jpg
a0248662_0111612.jpg
a0248662_0112717.jpg
a0248662_0114567.jpg

a0248662_012033.jpg
a0248662_0121197.jpg
a0248662_0122229.jpg

各部チェックしつつ、クランク分解、清掃し、計測作業。
ガタが少なかったビッグエンド部はフロント側クリアランス0.01mmリア側クリアランス0.025mmと状態良し。

ピニオンシャフトも4.765mmのオーバーサイズローラーが入っており、レースとのクリアランスは0.04mmと状態良し。

a0248662_0123417.jpg
a0248662_0124563.jpg

タペットはタペット下部が減っており、ローラーもガタが出ていますので好感予定。

a0248662_013468.jpg
a0248662_01317100.jpg

a0248662_0133068.jpg

トランスミッションはギア周り状態良し。
ドライブ側メインシャフトベアリングレースも磨耗少なく状態良し。
クラッチギアブッシュ、カウンターシャフト1stギアブッシュも状態良し。
ベアリング交換とシフト位置調整でいけそうです。

a0248662_0135183.jpg
a0248662_014651.jpg

タイミングギア周り
カムギア周りは状態良くそのまま使います。
#2カムギアブッシュホールにクラックが入っていたカムカバーは中古良品を入手。
新たなカムカバーのブッシュ計測。それぞれカムブッシュは状態良いもののピニオンシャフトブッシュはガタがきているので交換。

a0248662_0295734.jpg
a0248662_030918.jpg

a0248662_0303166.jpg

ヘッド周りも徹底カーボン除去後、計測。
バルブ、ガイドともに状態良くそのまま使います。
ロッカーアームブッシュはガタが来ていましたので交換。


a0248662_0142887.jpg

思いの他状態が良い部分が多かったのですが、残念ながらクランク軸受けドライブ側クランクシャフトベアリングレースが手スポになってしまっています・・・。
大きいところでベアリングレース径より圧入部分が0.15mmもおおきくなってしまっています・・・。
ここは、両クランクケース軸受け部のラインを出し、ドライブ側レース圧入部をボーリングし真円加工し、拡大した穴に合わせレース溶射・肉盛・研磨し圧入します。




レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-01-18 00:53 | 1964XLCH900 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 16日

1958VELOCETTE VENOM シリンダースタッドシーリング

修理依頼でお預かり中のベロセット・ベノム
リアセクションの作業は終わり、何箇所か手直し。


a0248662_8462730.jpg
a0248662_8464037.jpg
a0248662_846572.jpg

まずは、発電していなかった電気周り。
エンジンをかけ、直接ダイナモの発電チェックし、ダイナモは問題なし。
エレクトリックレギュレーターの不良かしらということで、レギュレーター交換しても変化無く、ダイナモ周りの配線を手直しし無事復活。


a0248662_8472472.jpg

a0248662_8473860.jpg

もうひとつ手直し。
ヘッドスタッドとヘッドのスタッド穴の隙間からヘッドに溜まったオイルがスタッドを伝って漏れる問題。
オーナー様からの依頼でここも手直し。


a0248662_8482531.jpg

ロックナットになっているスタッドナットは、そのまま緩めるとスタッドも抜けてきてしまうので、スタッドをしつつナットを緩める。何回かばらされているものは、このスタッドのマイナス部分がだめになっているものが多く、回しづらい。この車両は状態良く問題なし。


a0248662_8514225.jpg
a0248662_851549.jpg

ヘッドナットワッシャーを厚めの45cハイテンションワッシャーにOリング用の段つき溝を加工し、Oリングを取り付けシーリング

a0248662_848027.jpg

トルク管理しヘッドナット締め付け。トルク値20lb-ft

a0248662_8522269.jpg

螺子修正しロッカーボックッス取り付け。

a0248662_8523843.jpg

a0248662_8525079.jpg

ロッカーカバーガスケットの厚みが変わったので改めてタペット調整。
IN0.15mm EX0.2mm


a0248662_853839.jpg

というわけで、うちでの修理作業はこれで終わり。
引渡しとなります。






レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-01-16 09:23 | 1958VELOCETTE VENOM | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

1970XLH900 クランクケース組みつけ

今日はTさんのアイアンスポーツのお話。
Tさんのスポーツも既にエンジンの組み付け作業はほぼ終わっていますが、ブログに上げていなかったので、まとめ的ブログです。


a0248662_1455116.jpg
a0248662_146255.jpg
a0248662_1461237.jpg
a0248662_1462361.jpg

まずは、スプロケットシャフトベアリング(ドライブ側クランクシャフトベアリング)組み付け。
76年以前までの一体式のベアリイングレースを専用工具を使いケースに圧入。

a0248662_1471773.jpg
a0248662_1472955.jpg

専用冶具を使いスラスト量チェック。
ベアリングセットについていた、シムをつけた状態でスラスト量は"0”
この0という数値は、スラストがピッタリ無く0の場合もありますが、ベアリングを押しすぎていても0の数値が出ます。押しすぎもまずいので、0.08mmのシムを入れてみてスラストノ数値を確認します。
0.08mmのシムを入れるとスラスト量は0.06mmで0.02mm押している(与圧をかけている)ということになります。0.02mmの与圧でありましたら問題なしと判断しこの状態で組みます。


a0248662_1463371.jpg
a0248662_1464428.jpg
a0248662_147379.jpg

シムを入れ両サイドテーパーベアリングを圧入し組み付け。



a0248662_148285.jpg
a0248662_1481238.jpg

ピニオンシャフトベアリングレースはラインを通しラッピング済み。
レース内径34.95mmに対しシャフト径25.4mm、ローラー4.76mm(.0004”o.s)を入れクリアランス0.03mm



a0248662_1484915.jpg
a0248662_149181.jpg

エンジンハンガー仮組みして組み付けチェック。
上部のケースとの取り付け部にクラックが入ってしまっているものが多いアイアンのエンジンハンガー。
上部面があっていることを確認。


a0248662_1491397.jpg

ミッション・プライマリー内に負圧をクランクケース内に逃がすトランスファーバルブ(ワンウェイバルブ)は壊れると面倒なので、プラグを製作し留め、ミッション側にブレーザーをつけます。


a0248662_1492714.jpg

a0248662_149423.jpg

ドライブチェーンのチェーンオイラーも半田で塞ぎ両クランクケース組みつけ。







レストアスクール生徒募集中

トリニティースクールから独立し、東京都足立区でレストアスクールを続けて行きます。
いつでも見学にお越し下さい。
また修理・オーバーホール業務も行いますので、お問い合わせお待ちしております。
アイアンスポーツ大歓迎です。




Vintage Motorcycle Study

GARAGEⅠ 東京都足立区六月3-6-16
GARAGEⅡ 東京都足立区栗原2-19-14

sgf1906@nifty.com
090-2752-8638
奈良 純

# by sgf1906 | 2017-01-15 09:32 | 1970XLH900 | Trackback | Comments(0)